[YAMAHA]MotoGP Rd.7 予選 ロレンソがホーム・グランプリで予選2位、フロントロー・スタート

160607_07

■大会名称:第7戦カタルニアGP
■開催日:2016年6月4日(土)予選結果
■開催地:カタルニア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:25度
■路面温度:41度
■PP:M・マルケス(1’43.589/ホンダ)

J・ロレンソがフロントロー・スタート

昨日のMoto2ライダー、L・サロムの事故により変更されたコースでの走行は2セッションのみだったが、Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソは、好調をキープして予選2位を獲得。V・ロッシは新しい第4セクションに合わせてセッティングを調整し、Q2の終盤で5位に浮上した。

前方に十分なスペースを確保すべく、ロレンソは集団を先に行かせて後方からスタート。最初のアタックで1分44秒452をマークし、すぐさま2位へ浮上した。その後もハードなプッシュを続けたが残り6分でピットに戻りタイヤ交換。2分後にコースに復帰して2度目のアタックに臨み、1分44秒056にタイムを短縮したものの順位は変わらなかった。最終ラップまでトライを続けるもポールポジションには届かず、トップから0.467秒差の2位。

一方のロッシも、ロレンソ同様、集団のスタートを待ってスタートし、最初のアタックで1分45秒315を記録して3位につけた。2度目のアタックで1分45秒138に短縮し、5位に浮上。ライバルたちのペースも上がって順位の変動を始めていたが、ロッシは最終ラップで1分44秒324へタイムを更新し、トップとの差は0.735秒の5位を獲得した。

エスパルガロは4列目スタート

Moto2での事故を受けてコースが変更になり、転倒があった第12コーナーを避けてFormula1用のレイアウトを使用することとなった。そのためフリープラクティス第3セッションが15分間延長された。Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、1分45秒153を記録して5番手を獲得。3位までコンマ2秒差と好調のエスパルガロは、難なくQ2へ進出した。

15分間のタイムアタック・セッションが始まると、すぐさまペースを上げて1分45秒218をマークし、予選12位。明日の決勝では好スタートを決め、ファクトリー勢に最大限、近づくことを目標にしている。

一方、B・スミスはグリッド5列目からサテライト勢トップを目指す。
フリープラクティス第3セッションでは終盤でペースを上げていたが、第2コーナーで転倒。その後のタイム短縮がかなわなかったため、Q2進出を逃してしまった。Q1では素早くスピードを上げてゆき、終盤では、フリープラクティス第3セッションのタイムを2秒以上も更新する1分45秒197を記録して14位となった。明日はロケット・スタートを目指し、エスパルガロとともにポジションの挽回を狙う。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る