英国車の伝統香る本格派カフェレーサー「スラクストン」スタンダード版がいよいよ国内発売へ!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160603_23

スポーティな外観と性能。スタンダードモデルが国内デビュー!

トライアンフのニューボンネビルシリーズ、「スラクストン・スタンダードモデル」が正式に日本導入されることになった。

スラクストンは昨年秋にロンドンで開催されたワールドプレミアで発表された、水冷エンジンプラットフォームを搭載する新型ボンネビルシリーズの中でも、スポーティな外観と性能が与えられたモデルである。

ボンネビルT120がネオクラシックの王道を行く正統派スタイルとすれば、スラクストンは軽快なカフェレーサースタイルが特徴となっている。国内では先行して4月より上級モデル「スラクストンR」が投入されていたが、多くのファンの要望に応えるかたちで、いよいよスタンダードモデルが国内デビューとなる。

スラクストンRと同様の特徴

新開発の高回転高出力型の水冷並列2気筒4バルブSOHC1200ccエンジンを鋼管ダブルクレードルフレームに搭載する基本パッケージはスラクストンRと共通で、新型ボンネビルシリーズ共通の270度位相クランクによる小気味よい鼓動感が魅力。

シリーズ最強となる最高出力72kW(97ps)/6,750rpm、最大トルク112N・m(11.4kgf・m)/4,950rpmのスペックも同様だ。

また、ABSやトラクションコントロール、ライド・バイ・ワイヤによる3種類のライディングモード(ロード/レイン/スポーツ)、スリップアシストクラッチなどの電子デバイスや安全装備もスラクストンRと同様。

USB電源ソケットや多機能ツインメーター、イモビライザー、LEDテールライトなどのユーティリティも充実している。

160603_24

スラクストンRとの相違点

一方でスラクストンRとの相違は主にサスペンションやブレーキなどの足まわりで、よりストリート寄りの設定になっているのが特徴だ。

スラクストンRがフロントにスーパースポーツでは定番のブレンボ製ラジアルマウント4Pモノブロックキャリパーを搭載しているのに対し、スタンダードは標準的なニッシン製2Pキャリパーをセレクト。ディスクローターもフローティングではなくソリッドタイプとなっている。

また、サスペンションもスラクストンRは前後にショーワ製ビッグピストン倒立フォークとオーリンズ製ツインショック(ともにフルアジャスタブル)を組み合わせるのに対し、スタンダードはカヤバ製正立フォークとツインショック(調整機構はリヤ側プリロードのみ)とするなどオーソドックスな仕様。

さらにタイヤもメッツラー・スポルテックM7RR(スラクストンRはピレリ・ディアブロロッソコルサ)が標準装備されるなど、スポーツツーリング向けの設定と言える。

160603_22

他にもディテールを見ていくと、スタンダードはシート高が805㎜(スラクストンRは810㎜)とやや低く、キャスター角とトレール量も若干異なっているが、おそらくは前後サスペンションの設定の違いによるものと思われる。

スラクストン・スタンダードモデルの”立ち位置”

データで見ると、たしかにスラクストンRは高性能バージョンでスタンダードは普及モデルと思われがちだが、実は”立ち位置”に少し違いがある。

フォークブーツの付いた正立フォークや黒スプリングのリヤショック、ソリッドディスクやメッキ仕上げのミラーとウインカーボディなど、よりクラシカルな雰囲気で統一されていることも見逃せないポイント。伝統的なブリティッシュグリーン(コンペティショングリーン)が専用カラーとして用意されていることも大きな魅力だろう。

160531_132
▲コンペティショングリーン
160531_133
▲ピュアホワイト

モダンな走りと、古き良き時代の英国車の香り

スラクストンはモダンな走りの中にも、古き良き時代の英国車の香りを運んでくれる本格派カフェレーサーとして注目される。
スラクストンRより約18万円安い161万2000円というプライスも魅力的だ。

【関連ニュース】
【新車】トライアンフ、THRUXTON(スラクストン・スタンダードモデル)を正式に日本に導入し発売
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る