【新車】ホンダ、125ccスポーツモデル「グロム」の外観を一新し6月9日に発売

160603_20

よりアグレッシブで、力強い外観へ

Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの125ccスポーツモデル「グロム」の外観を一新し、6月9日(木)に発売する。

グロムは、2013年6月に発売して以来、コンパクトで扱いやすい車体サイズと、倒立タイプのフロントサスペンションや前・後輪ディスクブレーキなどの大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備などにより、トレンドに敏感な若者をはじめ、大型二輪ユーザーのセカンドバイクとしても支持されている原付二種モデル。

今回、コンパクトでありながらボリューム感と躍動感を強調したグロムのスタイリングを、よりアグレッシブで力強い外観に一新。

先進性と高質感を演出する新設計のLEDヘッドライトを採用し、個性的なフロントフェイスをより際立たせるとともに、ボディー形状はエッジを効かせたデザインに変更することで精悍なイメージを高めている。

160603_21

また、ヒンジ式のタンクキャップを新たに採用することで給油時の利便性を高めたほか、イグニッションキーのブレード部を持ち手に収納可能としたフォールディング機能付き「リトラクタブルキー」をHondaの二輪車で初めて採用するなど、遊び心にあふれたモデルとなっている。

車体色は鮮やかなパールバレンタインレッド、スポーティーなイメージのレモンアイスイエロー、爽やかなパールヒマラヤズホワイトの3種類が設定された。メーカー希望小売価格は345,600円(税込)。

グロム(レモンアイスイエロー)

160603_08
160603_09

グロム(パールバレンタインレッド)

160603_10

グロム(パールヒマラヤズホワイト)

160603_11

概要

■販売計画台数(国内・年間)
4,500台

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
345,600円(消費税抜き本体価格 320,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれない

走行性能

 
【 125cc 空冷単気筒エンジン 】
エンジンは、空冷4ストロークOHC。単気筒ならではの広域にわたるトルクフルな出力特性は、軽量なボディーをストレスなく加速させる。インジェクションシステムには、理想的な燃焼を追求するためにPGM-FIを採用。
160603_12
【 12インチタイヤ 】
見た目のインパクトも強い、極太の12インチタイヤを装備。軽快なハンドリングと快適な乗り心地は、このバイクでしか楽しめない個性的な走りのフィーリングを生み出す。
【 キャストホイール 】
足元には、シャープなY字スポークデザインにブラックペイントを施したアルミキャストホイールを採用。タイヤ接地点から受ける荷重に対して剛性を均等にし、安定した操舵感を追求。
【 ブレーキシステム 】
フロントには2ポッドキャリパーとφ220mmのディスクを。リアにはシングルポッドキャリパーにφ190mmディスクを組み合わせたブレーキを採用。
160603_13
 
【 フロントサスペンション 】
インナーチューブ径φ31mmのテレスコピック式フォークを倒立マウント。スチール製モノバックボーンフレームとのマッチングにより、操舵フィーリングのさらなる向上を追求している。
160603_14
 
【 リアサスペンション 】
リアにはシンプルかつ軽量なモノサスペンションを装備。スポーツ走行時にはスムーズな荷重移動による安定したコーナリングを、タンデム走行時には快適感ある乗り心地の両立を追求した。
160603_15

主要装備

 
【 LEDヘッドライト 】
スタイリッシュな白色光により、視認性・被視認性の向上を図ったデュアルタイプのLEDヘッドライトを採用。アグレッシブなデザインによりフロントマスクの精悍さをより際立たせている。
160603_16
 
【 LEDテールランプ 】
シャープなデザインでまとめられたスタイリングとマッチするスクエア形状のテールランプ。LEDを内蔵することで被視認性の向上を追求するなど、見た目だけでなく機能性にも配慮している。
160603_17
 
【 デジタルメーター 】
エンジン回転数をバーグラフで表示する液晶ディスプレイには、速度計/燃料計/走行距離/時計など様々な機能を搭載。クールなブルーバックライトが走りへの気持ちを静かに高めていく。
160603_18
 
【 タンクキャップ 】
5.7Lの容量を確保したフューエルタンクには、エアプレーンタイプのヒンジ付きタンクキャップを採用。ディテールにまでこだわった装備が、乗るほどに実感できる歓びをもたらす。
160603_19

主要諸元

通称名 グロム
車名・型式 ホンダ・EBJ-JC61
全長×全幅×全高(mm) 1,755×730×1,000
軸距(mm) 1,200
最低地上高(mm) 155
シート高(mm) 760
車両重量(kg) 104
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式・種類 JC61E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3 124
内径×行程(mm) 52.4×57.9
圧縮比 9.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 7.2[9.8]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 11[1.1]/5,250
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
62.7(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値(クラス) 70.5(クラス1)※2<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 5.7
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式4段リターン
変速比 1  速 2.500
2  速 1.550
3  速 1.150
4  速 0.923
減速比(1次/2次) 3.350/2.266
キャスター角(度)/トレール量(mm) 25°00´/81
タイヤ 120/70-12 51L
130/70-12 56L
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン

※1 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる

※2 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る