[REPSOL]WCT Rd.3 トニ・ボウが連日優勝

160603_107

レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがドイツ・ゲフリースでのトライアル選手権で連日優勝。チームメイトの藤波貴久とハイメ・ブストはミスで表彰台を逃したが総合順位で順位を上げた。

トニ・ボウがゲフリースで2日目とも優勝し、ドイツでのトライアル世界選手権を制した。ボウは土曜日も日曜日もライバルのアダム・ラガの前に出て、総合順位で11ポイントのアドバンテージを得ている。この週末の2勝で、ボウは今シーズン4勝目、3連勝になった。

チームメイトの藤波貴久とハイメ・ブストは交互に4位を獲得した。ミスをして表彰台を逃したが総合順位を上げた。藤波が74ポイントで3位、ブストが72ポイントで5位。

次戦は6月11日・12日にアンドラGPで行われる。

160603_108

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  2. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
  3. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  4. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
ページ上部へ戻る