[REPSOL]WCT Rd.3 トニ・ボウが連日優勝

160603_107

レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがドイツ・ゲフリースでのトライアル選手権で連日優勝。チームメイトの藤波貴久とハイメ・ブストはミスで表彰台を逃したが総合順位で順位を上げた。

トニ・ボウがゲフリースで2日目とも優勝し、ドイツでのトライアル世界選手権を制した。ボウは土曜日も日曜日もライバルのアダム・ラガの前に出て、総合順位で11ポイントのアドバンテージを得ている。この週末の2勝で、ボウは今シーズン4勝目、3連勝になった。

チームメイトの藤波貴久とハイメ・ブストは交互に4位を獲得した。ミスをして表彰台を逃したが総合順位を上げた。藤波が74ポイントで3位、ブストが72ポイントで5位。

次戦は6月11日・12日にアンドラGPで行われる。

160603_108

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る