[YAMAHA]MotoGP Rd.7 モビスター・ヤマハ・モトGP、第7戦カタルニアに準備万端

160603_106

■大会名称:第7戦カタルニアGP
■開催日:2016年6月3日(金)フリー走行、4日(土)予選、5日(日)決勝
■開催地:カタルニア/スペイン
■開設:1991年
■コース長:4.727km
■サーキットレコードラップ:1分42秒182(2014年:M・マルケス)
■サーキットベストラップ:1分40秒893(2013年:D・ペドロサ)
■2015年の優勝者:J・ロレンソ(ヤマハ)

第6戦イタリアGPでは3戦連続となる優勝を果たしたモビスター・ヤマハ・モトGP。今週末は、スペインはバルセロナに移動し、モンスター・エナジー・カタルニアGPに出場する。J・ロレンソとV・ロッシは相性の良いこのコースで、今回もまたハイ・パフォーマンスを披露すべく、ウイークのスタートを待ちわびている。

第5戦フランス、第6戦イタリアと2連勝をあげて勢いに乗るモビスター・ヤマハ・モトGPのJ・ロレンソ。今回はカタルニア・サーキットでホーム・レースを迎え、ますます士気が高まっている。一方、チームメイトのV・ロッシにとってもカタルニアはお気に入りのコースのひとつ。2週間前には自らのホーム・コースでリタイアに終わっただけに、今回は最後まで優勝争いを展開して、その雪辱を果たしたい。

YZR-M1に好感触をもつロレンソは、第6戦終了時点でランキングトップに立ち、2位に10ポイントのアドバンテージを構築。今回もその好調ぶりをキープし、地元ファンの目の前で3連勝達成を狙っている。大好きなカタルニア・サーキットを舞台に、2010年、2012年、2013年、2015年に続く5回目の優勝を目指す。

一方、ムジェロでは絶好調をアピールしながら突然のトラブルでリタイアを余儀なくされたロッシ。今回は表彰台復帰を心に期す。ここカタルニアでは、2001年、2002年、2004年、2005年、2006年、2009年に最高峰クラスで優勝。今シーズンはここまで好調を維持しており、第6戦までにランキング3位につけている。チームメイトとの間の37ポイント差を縮めることが目標。

カタルニア・サーキットは1991年に初めてF1グランプリを開催。その4年後にはモーターサイクルのヨーロッパ選手権を開催し、その後、カタルニアGPの舞台となった。例年、大観衆を集める人気のコースのひとつで、2001年には、サーキットの雰囲気やエキサイティングなレース展開が評価されてIRTA‘ベスト・グランプリ’トロフィーを受賞した。多くの見応えあるレースのなかでも、2009年のロッシとロレンソとのバトルは今も人々の記憶に深く刻まれている。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲CB400 SUPER BOL D'OR アトモスフィアブルーメタリック CB400SBには…
  2. ▲NC750X DCT キャンディークロモスフィアレッド 実用的かつ操作性に優れたスポーツ・グ…
  3. 都会的なイメージの「ソードシルバーメタリック」が登場 Hondaは、軽量かつコンパクトな車…
  4. ▲CRF1000L Africa Twin DCT グリントウェーブブルーメタリック Ho…
ページ上部へ戻る