ヤマハ、MotoGP世界選手権 2016シーズンをもってポル・エスパルガロ選手との契約を終了

160603_04

ヤマハ発動機は、MotoGP世界選手権2016シーズンをもって「Monster Yamaha Tech 3」の、ポル・エスパルガロ選手との契約を終了することを発表した。
来期はGPにフル参戦を開始するKTMに所属することとなる。

2013年にMoto2でチャンピオンを獲得したエスパルガロ選手は、2014年に「Monster Yamaha Tech 3」に加入。シーズンに入るとすぐに「YZR-M1」を乗りこなし、第5戦フランスGPでは予選2位を獲得。最終的にはランキング6位とし、ルーキー・オブ・ザ・イヤーとトップ・サテライト・ライダーに輝いた。

2015年も好調は続き、第8戦オランダGPと第18戦バレンシアGPでの5位入賞など、ランキング9位としてトップ・サテライト・チームの獲得に貢献。さらに、鈴鹿8時間耐久ロードレースに、中須賀克行選手、ブラッドリー・スミス選手と出場し、当社に19年ぶりの優勝をもたらした。

2016年の鈴鹿8耐にも、中須賀選手、アレックス・ローズ選手とともに、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の一員として出場することが決まっている。

今シーズンは6戦を終え、合計48ポイントを獲得しランキング7位。開幕戦のカタールGP、第4戦スペインGP、第5戦フランスGPでサテライト勢トップに輝き、開幕以来、サテライト勢のランキングトップをキープしている。

「Monster Yamaha Tech 3」の2017シーズンの体制は、決定次第発表される。

160603_03

【関連ニュース】
◆WELCOME & VAMOS POL ESPARGARO – KTM SIGNS SPANISH MOTOGP STAR

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る