[HONDA]MotoGP Rd.7 カタルニアGP プレビュー

160602_171

2016年6月5日(日)・決勝
会場:バルセロナ・カタルニア・サーキット
全長:4.727km
決勝:[MotoGP]25Laps
   [Moto2]23Laps
   [Moto3]22Laps

第7戦カタルニアGPが、6月3日(金)~5日(日)の3日間、スペイン・バルセロナ郊外のカタルニア・サーキットで開催されます。カタルニア・サーキットでグランプリが開催されるのは今年で25回目。カタルニアGPとしては21回目を迎えます(1992~95年はヨーロッパGP)。

バルセロナでは、1950年代と60年代に公道を利用したモンジュイックでスペインGPが開催されていました。61年には、125ccクラスでトム・フィリスがHondaのグランプリ初優勝を達成。バルセロナは、Hondaにとってグランプリにおける栄光の第一歩を踏み出した記念すべき場所となりました。2001年には、この年の開幕戦日本GP(鈴鹿サーキット)で達成したHondaグランプリ通算500勝の祝賀会がバルセロナで行われました。そして、昨年のインディアナポリスGPでは、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が通算700勝目を達成しました。

現在、スペインでは、スペインGP(ヘレス)、カタルニアGP(バルセロナ)、アラゴンGP(アルカニス)、バレンシアGP(バレンシア)と、年4戦が行われています。バルセロナ出身のライダーが多いこともあり、カタルニアGPは、毎年大きな盛り上がりをみせています。

カタルニア・サーキットは、一周4.727kmのロングコース。高速コーナーが連続し、ホームストレートではスリップストリームを使って、激しくポジションを入れ替えます。1コーナーでの厳しいブレーキング競争など、コースのどこで観戦しても見応え十分のハイスピードバトルは、見る者を興奮させます。

Repsol Honda TeamにとってカタルニアGPは、スポンサーのRepsol、そして3回目の最高峰クラスチャンピオンを狙うマルケスと、初タイトルに挑み続けているダニ・ペドロサにとっても、ホームGPとなります。

今年は6戦を終えて2勝を挙げ、総合2位につけるマルケスが、ホームGPで3戦ぶりの首位奪還に挑みます。マルケスは、125cc時代の2010年にカタルニアGP初制覇を達成しました。Moto2クラス時代は、11年に2位、12年に3位と表彰台に立ちました。そして、MotoGPクラスでは13年に3位、14年に優勝。カタルニアGPでは5年連続で表彰台に立ち、地元ファンの期待に応えてきましたが、昨年は優勝争いに加わりながら転倒リタイアに終わりました。今年はその雪辱に挑む戦い。地元ファンの熱烈な声援の中で今季3勝目を狙います。

チームメートのペドロサも、ホームグランプリで今季初表彰台、初優勝を狙います。今年は開幕戦カタールGPで5位、第2戦アルゼンチンGPで3位表彰台に立ちました。第3戦アメリカズGPでは転倒リタイアを喫しますが、ヨーロッパラウンドに入ってからは、第4戦スペインGP、第5戦フランスGP、第6戦イタリアGPと3戦連続で4位。表彰台には、あと一歩届かないレースが続いていますが、前戦イタリアGPでは今季最高の手応えを得て、上り調子をアピールしました。

ペドロサは、カタルニアGPでは、03年に125ccクラス、05年に250ccクラスで優勝、最高峰クラスでは08年に優勝しています。以後、地元ファンの熱狂的な応援を受けながら、カタルニアGPに挑み続けてきました。09年はケガの影響で6位でしたが、10年は2位。11年はケガのために欠場するも、12年、13年は連続2位。14年はし烈な優勝争いに加わって3位。昨年は右腕の手術でシーズン前半を欠場していましたが、カタルニアGPではシーズン初の表彰台獲得となる3位でフィニッシュ。シーズンの大きなターニングポイントとしました。今年は、今季2度目の表彰台、さらには今季初優勝を目指します。

カル・クラッチロー(LCR Honda)は、6戦を終えて総合19位と厳しい戦いが続いています。LCR Hondaで2年目となる今年は、大きなステップを刻むシーズンになることが期待されていました。しかし、マシンのセットアップが思うように進まず、ここまでは、フリー走行、予選の走りをなかなか決勝につなぐことができませんでした。今年は6戦を終えて第4戦スペインGPと第6戦イタリアGPの11位が最高位。クラッチローとしては不本意なリザルトが続いているだけに、今大会は今季ベストリザルトを狙います。

前戦イタリアGPをケガのために欠場したティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Mark VDS)は、ホームGPでの復帰を果たし、闘志をかき立てています。前戦イタリアGPの初日のフリー走行で右肩を痛め、鎖骨を骨折したラバトは、バルセロナ市内の大学病院で手術を受けてリハビリを続けてきました。まだ完全な状態ではありませんが、地元ファンの声援の中でベストを尽くす意気込みです。

チームメートで総合22位のジャック・ミラーもフランスGP、イタリアGPと2戦連続でリタイアという悔しいレースに終わっています。特に前戦イタリアGPは、スタート直後の多重クラッシュに巻き込まれる不運のレースだっただけに、今大会はその雪辱と、開幕戦カタールGP以来のポイント獲得に挑みます。

160602_172

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 首都高速道路は、12月1日(土)にお台場にあるデックス東京ビーチ3Fシーサイドデッキにて実施…
  2. ▲F4クラウディオ MVアグスタは、モーターサイクルジャーナリスト・和歌山利宏氏のEICM…
  3. ハリケーンは、CBR1000RR('17- SC77)用セパレートハンドルを12月末頃に、G…
  4. ドゥカティは、走行距離に応じてオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーン「Mileage …
ページ上部へ戻る