[MV AGUSTA]SBK Rd.7 L・キャミアが4位獲得!

160531_152

5月27-29日、イギリス・ドニントンパークで開催されたWorld SBK第7戦。
今季苦しいレースが続いていたMV AGUSTAレパルトコルセのL・キャミアですが、4位でフィニッシュ!

イギリス人ライダーのキャミアにとってホームグラウンドである本大会。キャミアはスーパーポール2で1’28.409をマークして8番グリッドを確保。朝のフリープラクティス3でも3番手タイムを出すなど好調を維持していました。

160531_153

レース1、キャミアは好スタートを決めて序盤に2台をパス。motoGPチャンピオン、ニッキー・ヘイデンとの長いバトルの末、キャミアはF4RCを4位に導きました。レース2でも序盤から好調のキャミアは、ヘイデンをパスして5位でフィニッシュしました。

一方World SSPに参戦したJ・クルーゼルは、スーパーポール1終了間際にトラフィックに捕まる不運がありましたが、決勝日朝のウォームアップ走行で自己最速記録となる244.9km/hをマーク。スタートも上手く決まり、3台をパス。セットアップに苦しんだこともあり、クルーゼルは8位でフィニッシュ。チームメイトのL・ザネッッティは10位でフィニッシュしました。

160531_154

またMV AGUSTA F3 675勢で最も好成績を残したのは、地元イギリス人のG・レア(GRT Racing Team)で4位、またA・バルドリーニ(Race Department ATK#25)は7位でゴールしました。

次戦は6月17-19日、イタリア・ミサノで開催されます。
負けられないホームグラウンド、MV AGUSTAの走りに期待しましょう!

→全文を読む

情報提供元 [ MV AGUSTA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Araiから、HONDAの名車CB1100Rの発売35周年を記念し、限定グラフィックモデルが…
  2. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、新型Speed Triple RSの発売を記念…
  3. ただ速いだけじゃないんだ・・・ YZF-R1といえば、常に最前線を走り続けるハイスペッ…
  4. ▲CRF250RX(※写真は輸出仕様車) Hondaは、モトクロス競技専用車「CRF250…
ページ上部へ戻る