[YOSHIMURA]JRR Rd.3 JSB1000 津田、チームとライダーが一体となり2位表彰台

160531_109

全日本ロードレース第3戦が栃木県:ツインリンクもてぎで開催された。
関東地方で唯一の全クラス開催レースに多くのヨシムラファンが応援に駆けつけた。

金曜日はART合同走行が行われたが朝から雨模様、1本目の走行はウェットコンディション、昼過ぎには雨は上がったもののところどころウェットパッチが残り2本目の走行も完全ドライコンディションとはならなかった。5月上旬に行われた事前テストも初日は雨模様となりドライでの走行時間が少ない状態でレースウィークを迎える事となった。

前回の鈴鹿戦で良い感触を掴んだチームは基本的なセットは変えず、もてぎに合わせた微調整で予選に臨んだ。

160531_110

予選

今大会のJSB1000クラスは「トップ6サバイバル予選」という新たな方式が導入された。

全ライダーがコースインして30分間の計時予選となるQ1から上位3名が自動的にQ3進み、Q1の10位~4位がノックアウト方式で1周につき1名ずつ脱落していき3名を残すQ2。そしてQ1とQ2の各上位3名、合計6名のライダーがコースイン、ノックアウト方式でポールポジションを決定するQ3でグリッドが争われた。

津田はQ1を2番手で通過、Q3進出が決定した。迎えたQ3、津田は1分49秒0~49秒2の安定したタイムで周回して2番手グリッドを獲得した。

160531_112

決勝レース

朝から青空が広がり、気温も路面温度も上昇。このレースウィークで最も厳しいコンディションとなった。

午後2時25分、23周による長丁場のレースがスタート。津田はスタート直後、2コーナー立ち上がりで右ハンドルが他車と接触、一瞬アクセルを戻した隙に4番手に下がってしまう。しかし、最終コーナーで渡辺一馬選手(ホンダ)をかわして3番手でオープニングラップを通過する。

4周目に野左根航汰選手(ヤマハ)にかわされ、1つ順位を下げたが慌てることなくコンスタントに1分50秒台後半で周回を続ける。レースは中須賀選手(ヤマハ)がトップを独走。2位争いを4台で繰り広げる熾烈な展開となった。

160531_111

13周目、新型マシンを投入した渡辺一樹選手(カワサキ)にかわされた後、5番手を走行。コーナーで抜くもののストレートで抜き返されることを繰り返す中で冷静に状況を分析、自分の方が速いペースと判断すると渡辺選手の後方でパッシングポイントを見極めながらチャンスをうかがう。

レースも残すところあと2周、21周目の順位は2番手渡辺選手(カワサキ)、3番手野左根選手(ヤマハ)、4番手津田。ここで津田はレース終盤の22周目にベストタイム1分50秒558をたたき出しファイナルラップを迎える。野左根選手まで0.584 秒、渡辺選手まで0.841秒の差があったが、最終ラップの130Rで仕掛けると決めていた津田は、その130Rで渡辺選手をかわすと、その先のS字で野左根選手をかわし、2番手浮上。そのままチェッカーとなり開幕戦に続き2位表彰台を獲得した。

160531_113

ファクトリーマシンに比べればその差はまだ大きいが、今大会の2位表彰台は、チームとライダーが一体となって闘った結果と言える。

→全文を読む

情報提供元 [ YOSHIMURA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  2. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
ページ上部へ戻る