[HONDA]MXGP Rd.9 ガイザーが完全制覇。ポーリンは総合3位で、Hondaライダーはダブル表彰台達成

160530_161

モトクロス世界選手権第9戦がスペインのタラベラ・デ・ラ・レイナで開催され、HondaのワークスマシンCRF450RWを駆るティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)は、2レースともに優勝。ゴーティエ・ポーリン(Team HRC)は総合3位で復帰後初の表彰台登壇を果たし、イブジェニー・バブリシェフも総合5位と、トップ5に3名のHondaライダーが入りました。

160530_162

ガイザーは、この週末に行われたすべてのセッションで1位と絶好調。さらには、バブリシェフも予選3位、ポーリンが8位で、好調ぶりを披露して決勝を迎えました。

160530_163

レース1では、ガイザーとポーリンが好スタートを決め、マキシミリアン・ナグル(ハスクバーナ)やクレメント・デサール(カワサキ)らとトップ争いを繰り広げます。ガイザーはファステストラップを記録しながら徐々にリードを広げ、最終的に2位と7.344秒差でフィニッシュ。ポーリンはデサールと激しいバトルを展開し僅差で4位となりました。また、スタートでやや遅れたバブリシェフは、9番手から追い上げて6位でレース1を終えました。

160530_164

レース2では3名とも好スタートを決めると、ガイザーがまたしてもリードを奪います。ポーリンはナグルと2番手を争い、その後ろの4番手にバブリシェフがつけてレースは中盤へ。ガイザーはリードを守りきり、レース2でも優勝。全セッションでトップに輝く完全制覇を成し遂げました。その後ろでは、ポーリン、バブリシェフ、ナグル、そしてロマン・フェーブル(ヤマハ)の4台によるし烈な2番手争いとなり、ポーリンが3位、バブリシェフが5位でゴール。この結果、ポーリンが総合3位に入り、ケガからの復帰後、初の表彰台登壇となりました。

160530_165

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  2. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  3. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
  4. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
ページ上部へ戻る