[MFJ]JRR Rd.3 JSB1000 中須賀克行、完璧なレースでポールtoウィン!

160530_21

第3戦ツインリンクもてぎJSB1000決勝レース

気温29度、路面温度は49度という急激に気温が上がる中、レースは絶妙のスタートを切った中須賀克行がホールショット、柳川明、渡辺一樹、津田拓也らが続く。

その中に混じり渡辺一馬が一時3番手を奪い、その後津田、野左根航太、渡辺一樹らにかわされつつも集団に食い下がるが、4周目の90度コーナーで転倒してしまう。

その後は柳川、野左根、津田と後方から加わってきた渡辺一樹の4台が、トップを快走する中須賀を他所に、レース中終始激しく争うことに。

中須賀は風や気温などのコンディションの変化を感じながらも一人ハイペースで周回を重ね、終わってみれば20秒のアドバンテージを作って、自身30勝目を完璧なポールtoウィンで締めくくった。

激しかった2位争いは、最終ラップを前に、渡辺一樹、野左根、津田の3台で争われたが、最終ラップで狙っていたという津田がインフィールドで立て続けに2台をパス、2位を獲得した。3位にはこれまでで一番悔しいと言う野左根の結果となった。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る