[YAMAHA]MXGP Rd.9 フェーブルがスペインGPで輝きを放つ

160530_137

■大会名称:2016年第9戦スペインGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2016年5月29日
■開催地:タラベラ(コース長:1,620m)
■天候:晴れ/曇り 気温24℃

フェーブルがスペインGPで輝きを放つ

日曜日に開催されたスペイン・グランプリで、Monster Energy Yamaha Factory Racingの公式MXGPライダー、ロマン・フェーブルが、タラベラ・デ・ラ・レイナにおいて負った怪我のアクシデントから立ち直り、トップ5内でのフィニッシュを果たした。母国、フランスでのグランプリを次週に控え、フェーブルは貴重な選手権ポイントのセーブをすることができた。

一方、チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークは狭く、グリップの高いコースを攻め、トップ10内でのフィニッシュを決めた。

最上級クラスへの参戦1年目のKemea Yamaha Official MX Teamのライダー、ヴァランタン・ギヨーは衰えを知らぬ勢いを見せ、両ヒートともトップグループに伍して走り、雨から晴れ、路面も泥からハードパックへと変化した今大会で総合9位に入った。

160530_138

フェーブルは土曜日に行われた予選で、夏の雷雨の後に滑りやすい泥と化した路面でクラッシュ。左ひじを負傷してしまう。チームと大会メディカルスタッフは2015年世界モトクロス・チャンピオンのフェーブルを検査。骨折や筋の断裂はなかったため、土曜日夜に腫れのアイシングと痛みへのマッサージを施した。

日曜日、スペインの夏の日差しのもと、フェーブルはスタート前にさらなる処置を受けて両ヒートをスタート。派手さを控えながら、驚くべきアグレッシブさを示すレースを見せた。第1ヒート、ステディなレース展開を見せるフランス人ライダー、フェーブルは先ず、同じフランスのJ・ティクシエ(カワサキ)をパスすると、スペイン人ライダーのA・J・ブートロン(KTM)を抜き去る。しかし残り10分でスイス人ライダーのV・ギヨー(ヤマハ)の先行を許し、9位でフィニッシュした。

第2ヒート、フェーブルはさらに力強い走りを示した。30番手という不利なゲート位置から5番手へとジャンプ。フィニッシュまでにひとつ順位を上げて4位でチェッカーフラッグを受け、総合6位に入った。

ファン・フォルベークも土曜日の予選レースの後、痛みを訴えて大会メディカルスタッフの診察を受けている。その結果、今月初めに開催されたドイツGPでの激しいクラッシュ以来続いている傷害が発見された。日曜日の両ヒートには左手首にカーボンファイバー製のブレースを装着して臨んだベルギー人ライダーのファン・フォルベーク。スタートからフィニッシュまで百分の1秒を争うほどタイム差が少ない、激しく、速く、そして体力を要するコースで、第1ヒートではファン・フォルベークもブートロンとバトルを展開した。両ヒートとも1周目からほとんどポジションを変えることなく走行し、それぞれ8位と7位でフィニッシュしたファン・フォルベークは、スペイン・グランプリを総合7位で終えた。

MX2で自身最後のシーズンとなった昨年のタラベラ・デ・ラ・レイナで見事優勝を飾っているギヨー。今年、ギヨーはMXGPライダーとして成長を続けているところを示した。第1ヒートでフェーブルを追いまわし、これをパス。さらに最後にファン・フォルベークを抑えてフィニッシュして見せたのだ。

第2ヒートでは素晴らしいスタートを決めたギヨーだったが、レース終盤にクラッシュ。スイス人ライダー、ギヨーは2016年3度目のトップ10フィニッシュでレースを終えた。

2016年FIMモトクロス世界選手権ランキングで、フェーブルはスロベニアのT・ガイザー(ホンダ)に続く2位につけているが、点差はやや開き24ポイントとなった。ファン・フォルベークはロシアのE・ボブリシェブ(ホンダ)に19ポイント差で続く6位。一方、ギヨーはベルギーのK・ストライボス(スズキ)を24ポイント差で追う9位につけている。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る