[TSR]JRR Rd.3 JSB1000 渡辺一馬は序盤3位にジャンプアップするも無念の転倒

160530_20

■2016全日本ロードレース選手権 第3戦 もてぎ
■5月29日(日) 決勝レース
■天候:晴れ
■コース:ドライ
■観客数:12,200人(土・日)
■栃木県 ツインリンクもてぎ(1周 4.801379km)

◆◆◆◆JSB1000◆◆◆◆(14:25〜 23周)

今日は晴天に恵まれ、今朝の練習走行の際には日陰は肌寒かったもののピット内の気温は23度、路面温度は32度であった。
その後、午後の決勝が始まる前にはピット内の気温は29度、路面温度は47度まで上昇していた。

抜群のスタートを決めた一馬は、1コーナーまでに5位に、3コーナーでは3位に順位をあげ上々の滑り出しを見せた!!
しかし、最終コーナー手前の左コーナーで津田に先行を許して1周目を4位で終えた後、2周目には後方から渡辺一樹の猛攻を受けることとなり、5コーナーでインに入られるもすぐに差し返し4位をキープしたが、ヘアピンでは今度は野左根にインを突かれ5位となった。

翌周には再び渡辺一樹の猛攻を受け、5コーナーで先行されるもすぐに抜き返したが、S字で再び先行され6位に。続く4周目には先行車両を逃がすまいと奮闘した一馬だったが、コース終盤の90度コーナーでフロントからスリップダウンを喫し、体には大きなダメージはなかったもののここでレースを終えた。

→全文を読む

情報提供元 [ TSR ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディングウェア、レインウェアの素材で、ここ数年で良く耳にするようになった”透湿防水素材”…
  2. ヤマハ初の4ストロークモデルとして名高いXS-1をモチーフとしたXSR700が2017年11…
  3. ミッドランドのインカムで、喋って楽しくツーリング? いえいえ、リッパなテストです。「通信距離…
  4. 雨でも快適にバイクに乗るために必要なアイテムは、レインウェアだけじゃありません! 大事なバ…
ページ上部へ戻る