[BRIDGESTONE]JRR Rd.3 ST600 ポラマイがポールtoフィニッシュ

160530_19

全日本第3戦もてぎST600クラスは38台のエントリーを集めた。

予選は開始早々から転倒車が続出。ついには開始10分で転倒車がコース上に残ってしまい、赤旗中断となってしまう。そんな波乱の予選を制したのはチャロンポン・ポラマイ。「最初の5周をタイムアタックに使い、その後はコンディションのチェックをするプランだった。そのとおりに予選セッションを進めました」と、余裕のコメント。

2番手には今年から全日本フル参戦を開始したばかりの清末尚樹。「予選セッションの全部の周をアタックするつもりで走りました。自分のリズムで走れたのがよかった」と、初フロントロウ獲得の要因を語った。

3番手は、3周目に転倒車に接触して自らも転倒したデチャ・クライサルト。しかしクライサルトは〝赤旗中の注意義務違反〟として失格に。4番手タイムをマークした岩戸亮介が繰り上がってフロントロウ獲得となった。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る