[BRIDGESTONE]JRR Rd.3 J-GP3 徳留真紀が4年ぶりの優勝、5年ぶりのポールtoウィン!

160530_18

J-GP3クラスにとっては1カ月半ぶりの開催となった全日本ロードレース第3戦もてぎ。金曜日の合同走行は雨。土曜日・日曜日は晴れの予報だったため、各車ドライ用セッティングの確認ができずに不安を残すウィークの開始となった。

予選が行なわれた土曜日。日差しはないものの予報どおりに雨はすっかり上がってドライコンディションとなった。35分間のタイムアタックでポールポジションを獲得したのは徳留真紀(ブリヂストン)。5年ぶりのポールポジション獲得に徳留自身が「その事実に僕が一番びっくりしています」と目を丸くする。2番手を0.5秒以上引き離しての予選1位。「チーム体制が整っているから、レースに集中しやすい」と笑顔でコメント。

2番手グリッドを獲得したのは開幕戦の勝者、栗原佳祐(ブリヂストン)。「金曜日にドライコンディションで走れなかったのが残念ですが、予選である程度の位置を走れるという予感がありました。今日は思った以上にフィーリングがよかったので、明日はさらによくなる期待ができます」と、巻き返しを誓った。ブリヂストンユーザーはフロントロウの2席獲得となった。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る