[SUZUKI]JRR Rd.3 JSB1000 津田拓也が冷静な判断で戦い、2戦連続2位獲得

160530_15

■2016年5月29日
■全日本ロードレース選手権 第3戦 スーパーバイクレース in もてぎ
■場所:栃木県・ツインリンクもてぎ

冷静な判断で戦い、2戦連続2位獲得

全日本ロードレース選手権シリーズは、開幕戦がJSB1000以外の3クラス開催、第2戦がJSB1000のみ、そして今回の第3戦でやっと全クラスがそろっての開催となり、その第3戦が、5月28日・29日に栃木県ツインリンクもてぎで行われた。スズキ勢からは、ヨシムラスズキシェルアドバンスの津田拓也、Team KAGAYAMAの加賀山就臣、MotoMap SUPPLYの今野由寛らが参戦した。

1週間前に行われた合同テストは初日が雨で二日目はドライ。レースウイークも初日の金曜は雨となってしまった。しかし翌日の予選はドライとなり、タイムを出すための車体のセットアップ、タイヤの選択をするのに状況が読みにくい展開となってしまった。今回の予選は3回のセッションが組まれており、最初の30分間の走行で11番手以下のグリッドを決定。トップ3はそのままQ3へ進み、残り7名でQ2を展開。上位3名がQ3へ駒を進めるというフォーマットで行われた。

状況をうまく読み切れなかった加賀山はQ1で14番手となり、これでスターティンググリッドが決定。今野がQ2へ、津田はQ3へ進んだ。今野はQ2のセッションで9番手を獲得。津田は途中、トップタイムを出しながら最後まで残り、予選2番手獲得を果たした。

決勝日は綺麗に晴れあがり、レースウイークでもっとも気温の上がる一日となった。今回のレースは23周と長めのディスタンスだ。スタートで飛び出したのはポールポジションの中須賀克行選手(ヤマハ)。1周目を1’55″2でラップするのに対し、2番手が1’56″1と、既に約1秒の差が付いてしまい、それはさらに広がっていってしまった。

しかし2番手争いの集団は僅差での戦いとなり、この中に津田が加わる。加賀山は1周目8番手とジャンプアップ。さらに上位進出をねらう。今野もオープニングラップから積極的な攻めに出て1コーナーのインに飛び込んでいったが、他車に前を塞がれてしまいコースアウト。コースに戻ることはできたが、16番手まで順位を落としてしまった。

中盤まで4番手の位置で様子を見る津田だったが、ライバルのストレートスピードに手こずり、コーナーで抜いてもその後の直線で抜かれる展開となったことから、勝負を終盤に置くこととした。残念なのが加賀山で、8番手のポジションからさらに上位進出をねらっていたが、3周目あたりからトラブルが発生。これをカバーしながら順位をキープして走行していたのだが、危険な状態になりそうだったことからピットに戻り、リタイヤとなってしまった。

今野は着実に順位を上げ、8周目に11番手、17周目10番手とアップ。ラスト2ラップで9番手となり、そのままゴールした。津田はラストラップにねらい通りに前を走るマシンを一台ずつパスし、この集団の先頭でチェッカー。2連続2位表彰台獲得となった。

またJ-GP2クラスでは、GSX-proto71に乗って開幕戦2レースを制した浦本修充が予選4番手からスタート。徐々に順位を上げ、ラスト5周でトップに出ると、そのまま後続を振り切ってゴール。開幕3連勝を飾った。

予選で初のポールポジションを獲得したエスパルスドリームレーシング生形秀之は、マシントラブルにより残念ながらリタイヤ。ミクニ テリー&カリーの長尾健吾がサバイバルレースを生き残り5位と健闘した。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  2. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  3. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
  4. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
ページ上部へ戻る