[YAMAHA]JRR Rd.3 JSB1000 中須賀克行が開幕2連勝、昨年から9戦連続でポールtoウィン

160530_14

■大会名称:2016年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦 もてぎ
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2016年5月29日(日)
■会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)
■周回数:23周
■天候:晴れ
■コース:ドライ
■観客数:7,000人
■PP:中須賀 克行(1分48秒460/Yamaha)
■FL:中須賀 克行(1分49秒576/Yamaha)

中須賀克行が開幕2連勝、昨年から9戦連続でポールtoウィン

2016年の開幕戦、鈴鹿サーキットでの200km耐久を完勝で終えた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行。シリーズ戦はツインリンクもてぎへと舞台を移し、昨年と同じ23周でレースが争われた。そしてポールポジションからスタートした中須賀選手は、見事なスタートダッシュを決めると、独走で開幕2連勝、昨年からの連勝記録を「9」に伸ばしました。

5月28日、今年初めて行われた予選方式「TOP6サバイバル」で中須賀は、新コースレコードを樹立するとともにポールポジションを獲得。これで、昨年から9レース連続でポールポジションを獲得したこととなる。

5月29日(日)の決勝レースでは、見事なロケットスタートから一気にペースを上げると、オープニングラップにして2番手の柳川明(カワサキ)に0.909秒差をつけた。さらに中須賀選手はペースを上げていくと、3周目に約3秒、7周目には約6秒の大差を築き上げた。

レース序盤にして独走体制を固めた中須賀選手は、その後もライバル勢を上回るラップタイムで周回を続けると、2位の津田拓也(スズキ)に20秒083の大差をつけて開幕2連勝、昨年から9レース連続でポールtoウィンを達成した。

野左根航汰は激しい2位争いの末、今季初の3位表彰台を獲得

「YAMALUBE RACING TEAM」の野左根航汰は、柳川明(カワサキ)、渡辺一樹(カワサキ)、津田拓也(スズキ)ら、トップライダーと前半から2位争いを展開。実力は拮抗し、激しく抜き差しを繰りながら終盤に突入した。そして、最終ラップの第5コーナーで野左根が渡辺一樹を抜いて2番手に浮上。

しかし、130Rで渡辺一樹をパスして3番手に上がった津田に、S字カーブ入口で抜かされてしまい、津田が2位、野左根は3位でゴールとなった。また、野左根のチームメイトである藤田拓哉は、マシントラブルもあり転倒してリタイアに終わった。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る