[HONDA]JRR Rd.3 ST600 接戦のトップ争いの末、岩戸が2位表彰台に登壇

160530_13

■2016年5月29日(日)・決勝
■会場:ツインリンクもてぎ
■天候:晴れ
■気温:28.1℃
■観客:7000人

ST600レポート

ST600は転倒車が多く、赤旗が提示されるという難しい予選となり、PPはチャランポン・ポラマイ(ヤマハ)、2番手は清末尚樹(カワサキ)、3番手タイムを記録したデチャ・クライサルトは、赤旗中の転倒により失格となり、岩戸亮介(Team高武 RSC)が繰り上がりで3番手となり、フロントローに並びました。

ホールショットはポラマイが奪い、岩戸が2番手につけ、3番手に清末。この3台が序盤から逃げ、4番手に前田恵助(ヤマハ)が続きました。トップ争いはポラマイと岩戸、3番手争いは清末、前田で争われ、5番手争いは8台の集団となり、ポジションを入れ替えながら周回を重ねました。

集団を引っ張っていた岡村光矩(カワサキ)が途中でコースアウト。名越哲平(MuSASHi RT Jr.)、松崎克哉(カワサキ)、追い上げた亀井雄大(Honda鈴鹿レーシングチーム)、榎戸育寛(MOTO BUM HONDA)が、つばぜり合いをみせます。

最終ラップまで続いたポラマイと岩戸のトップ争いは、岩戸が最終ラップの最終コーナーで仕掛けますが届かず、ポラマイが優勝、岩戸は僅差の2位となりました。3位には前田、4位は清末、激しい5番手争いを制したのは名越、7位に亀井、8位に榎戸が入りました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る