[YAMAHA]SBK Rd.7 ギュントーリに代わって出場したボービアが、レース2でトップ10入り

160530_09

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第7戦イギリス大会
■開催地:イギリス/ドニントンパーク(1周 4.023km)
■周回数:レース1:23周(92,529km)/レース2:23周(92,529km)

レース1
■開催日:2016年5月28日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:17度
■路面温度:33度
■PP:T・サイクス(カワサキ/1分26秒712)
■FL:J・レイ(カワサキ/1分27秒988)

レース2
■開催日:2016年5月29日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:15度
■路面温度:27度
■PP:T・サイクス(カワサキ/1分26秒712)
■FL:J・レイ(カワサキ/1分27秒605)

レース1

ドニントンパークで行われている世界選手権スーパーバイク第7戦。その第1レースはPata Yamaha Official WorldSBK Teamにとって非常に残念な結果となった。A・ローズはそのホームレースを欠場。一方、怪我の治療が続いているA・ギュントーリに代わって出場したC・ボービアは、オープニングラップの最終コーナーでアクシデントがありリタイアした。

初めてのタイヤ、初めてのコース、初めてのマシンで好調な走りを見せていたボービア。フリープラクティスではセッションごとにペースを上げ、勢いをそのままにスーパーポールに臨むと、1分28秒617を記録して9位を獲得した。

ワールド・スーパーバイクの初レースをグリッド3列目からスタート。早々から果敢にプッシュして6位まで上がっていたが、オープニングラップの12番目のコーナーでミスがあり、リタイアを余儀なくされた。初挑戦は短い時間で終わってしまったが、ここまでの経験を通じて自信をつかんでおり、日曜日の午後3時から行われる第2レースで雪辱を果たす意気込み。

一方のA・ローズはフリープラクティス第3セッション終了後、それ以降の走行を取りやめることを決断。2週間前のセパンでの負傷が原因だ。体力面で負担の大きいドニントンにおいては、理学療法と痛み止めの注射を受けてもなお、3、4周の走行で肩に十分な力が入らなくなってしまう。YZF-R1を思うようにコントロールすることができなかったため、チーム、レース主催者、ワールド・スーパーバイクのメディカル・チーム、そしてローズ自身も同意し、欠場が決定した。ホームコースでの欠場は非常に残念だが、安全性を優先した判断。

レース2

Pata Yamaha Official WorldSBK Teamから初めて参戦したC・ボービアが、23ラップの決勝で見事トップ10入りを果たした。YZF-R1での走行はわずか3時間。若きアメリカンはイギリスのコースで輝きを放ち、チームとファンを歓喜させた。

第1レースでは転倒リタイアに終わったボービア。第2レースはより慎重にスタートしてグリッド・ポジションをキープ。3ラップにわたり9位を走行したあと、4ラップ目に8位に浮上した。その位置をレース中盤までキープしていたが、13ラップ目、3台によるバトルに敗れ10位に後退。その後は終盤にかけてペースを上げる好調ぶりを見せたが、順位は変わらず、10位でチェッカーを受け、6ポイントを獲得した。

チャンピオンシップの舞台はイタリアへ戻り、次回は6月17日、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われる。

【フォトギャラリー】
【WSBK】Rd.7 Kawasakiのトム・サイクスがイギリス大会を完全制覇

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る