[HONDA]SBK Rd.7 ヘイデン、ファン・デル・マークが2レースともにシングルフィニッシュを果たす

160530_05

■2016年5月28日(土)~29日(日)・決勝
■会場:ドニントンパーク
■天候:28日/晴れ、29日/曇り
■気温:28日/17℃、29日/15℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:1万5053人(3日間:3万5058人)

WSB レポート

第7戦イギリス大会が、5月27日(金)から29日(日)までの3日間、イングランド中部のノッティンガム近郊にある、ドニントンパークで開催されました。ドニントンパークは、一周4.023km、シケインとヘアピン、中高速コーナーが連続する、バリエーション豊かなサーキットです。パッシングポイントが多く、毎年厳しい戦いが繰り広げられます。

加えて、雨が降ることが多く、不安定な天候がチームや選手たちを悩ませることが多いサーキットでもあります。しかし、今年は3日間を通じて天候に恵まれ、絶好のコンディションの中で決勝レースが行われました。

スーパーバイク世界選手権(WSB)での初優勝を、前戦マレーシア大会で達成したニッキー・ヘイデン(Honda World Superbike Team)は、かつてMotoGPに出場しており、ドニントンパークは走り慣れているサーキットです。2戦連続での優勝や表彰台への登壇が期待されましたが、フリー走行では車体のセットアップに時間を費やし、総合11位でした。そのため、予選では総合11位以下で競われるスーパーポール1に出場することとなりましたが、同セッションでトップタイムをマークして、スーパーポール2に進出。決勝レースには、7番グリッドから挑むことになりました。

ヘイデンは、レース1ではトップグループの戦いについていけませんでしたが、大混戦のセカンドグループの戦いを制し、5位でフィニッシュしました。そして、レース1のデータをもとに、レース2はセットアップを変更し、ベストタイムもアベレージも改善することに成功しました。レース中盤には、3位を走るチャズ・デイビス(ドゥカティ)を追撃し、表彰台争いが期待されましたが、後半はハンドリングに苦しんでペースダウン。最終的に6位でチェッカーを受けました。

マレーシア大会で優勝し、勢いのあるヘイデンとしては、フラストレーションのたまる大会となりましたが、CBR1000RRのセットアップの方向性を再確認するレースとなりました。次戦イタリア大会では、今大会の課題を解消し、今季3度目の表彰台と、2度目の優勝に挑みます。

チームメートのマイケル・ファン・デル・マークは、スーパースポーツ世界選手権に出場していた2014年にドニントンパークで優勝していますが、スーパーバイク世界選手権へのデビューを果たした昨年は、2レースともにリタイアと厳しい結果に終わりました。今年も初日からブレーキングと車体のセットアップに苦しみ、フリー走行、予選、決勝と力を出し切れないまま、3日間を終えてしまいました。

レース1は、ジョルディ・トーレス(BMW)とし烈な戦いを繰り広げて8位。レース2は、ジョシュ・ブルックス(BMW)とキャメロン・バービア-(ヤマハ)と競って8位。両レースともにポイント獲得を果たすも、本来、ファン・デル・マークが戦うべきトップグループから大きく引き離される、悔しい結果となりました。

ファン・デル・マークはヘイデンとともに、今大会の雪辱を果たすべく、次戦イタリア大会に挑みます。

【フォトギャラリー】
【WSBK】Rd.7 Kawasakiのトム・サイクスがイギリス大会を完全制覇

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る