【ケニー佐川 コラム】バイク・用品の進化で最近はツーリングがますます楽しい!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160527_06

仕事のロケで中国・四国エリアにきています。絶景ポイントをめぐるバイク旅がテーマなのですが、あらためてバイクツーリングの楽しさを再発見しているところです。

バイクの進化 – 最新技術で疲れにくい

ひとつはバイクの進化。最近では国産モデルでも大排気量化が進み、昔なら一部の輸入車か逆車でしか成しえなかった連続高速クルーズがいとも簡単にできるようになりました。

空力解析から生まれた優れたウインドプロテクション性能やオートクルーズ、ABS、トラクションコントロールなどの電子デバイスのおかげで、安全・快適にいくらでも距離を伸ばすことができます。

大馬力の高性能モデルは、かつてはそれを制御する人間のほうが大変でしたが、こうした電子デバイスや路面状況に応じてフレキシブルに設定を変えられるサスペンション、そして全方位的にグリップ性能が向上したタイヤのおかげで、荒れた道でも雨天でもそれほど苦もなく普通に走れますし、気持ちに余裕が生まれるので長距離を走っても肉体的・精神的にも疲れにくくなりました。

ウエアの進化 – 体力と根性はもう要らない!?

ウエアの進化も大きいですね。防風・防寒でしかも通気性があり、ライディングの自由度を高める伸縮性と万が一のプロテクション性能も求められるなど、現代のバイク用ウエアはまるで宇宙服、、、とまではいかずとも、安全・快適を目指す究極のウエアと言えなくもありません。

かつてはロングツーリングというと、体力と根性で走り続けるイメージもありましたが、高機能ウエアを身に着けていれば街乗りからワインディング、高速クルーズまでいつでもどこでも快適です。

パッキングツールの進化 – 2~3泊分の荷物もスマートに

パッキングも楽になりました。純正ツーリングバッグを積載することを前提に設計されたモデルも多くなり、リヤキャリアも機能的ですし、スポーツモデルにもフィットする社外品のバッグや完全防水のコンテナなど、今どきはさまざまな便利なアイテムが充実しています。

昔のようにリヤシートにゴム紐でぐるぐる巻きにしなくても、2~3泊分の荷物でもスマートにパッキングできてしまいます。

20160527_sk01Webikeショッピング「車体用バッグ・ケース」
※写真は「タナックス モトフィズ:MFK-219」

コミュニケーションツールの進化 – 効率的で安全。仲間と楽しい!

コミュニケーションツールの進化も旅の楽しさを引き立ててくれます。特にマスツーリングにインカムは欠かせないものですね。

目の前に広がる絶景の感動をその場でメンバーと分かち合うことができますし、道順などのナビ情報なども共有することで目的地への効率的で安全なアクセスが可能になります。

暗い夜道や雨などで心が折れそうなときでも仲間とジョークで笑い飛ばして元気百倍です。

20160527_sk02Webikeショッピング「通信機器」
※写真は「MIDLANDミッドランド:BT-X2-PRO」

記録媒体の進化 – 臨場感たっぷり!

ここ数年で凄い進化を見せているのがウエラブルカメラ。コンパクト化と高解像度化が一気に進み、臨場感たっぷりの迫力の映像を誰でも簡単に撮れるようになってきました。

バイク車載用にも便利なアタッチメントが豊富に出ていますし、編集アプリも充実。中にはカメラ本体に編集機能を搭載しているタイプまで登場するなど、日進月歩のウエラブルカメラの動向にも目が離せません。

夏に向けて快適なバイク旅を!

というように、人類の英知によって(といっては大げさかもしれませんが)、バイク旅はかくも楽しく快適なものになりました。

夏に向けて、ぜひロングツーリングなど計画してみてください。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol09
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る