ボバースタイルを表現したモト・グッツィの新作「V9 BOBBER」が登場!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160527_05

北米で注目されるクルーザーカテゴリー「Bobber」スタイル

ピアッジオは、Moto Guzziの新型モデル「V9 BOBBER」を7月より発売する。

V9はモト・グッツィのスピリットをもっとも純粋に具現化した新しいモデルだ。「Bobber(ボバー)」スタイルを現代的に表現するために、短めのシートやマッドガード、太めのタイヤを装備しているのが特徴だ。

v9_bobber-7v9_bobber-8

ちなみに「Bobber」とは、北米などで近年注目されているクルーザーのカテゴリーのひとつで、ダートトラッカーをイメージしたシンプルな外観が特徴。スリム&コンパクトな車体で、主に街乗りなどのショートライドでの使い勝手の良さを狙ったカスタムとして人気を呼んでいる。カラーリングもダーク&マット調の渋い色調でコーディネイトされることが多い。

160527_03

伝統のレイアウトと向上した性能

エンジンは空冷4スト縦置き90度V型2気筒OHV2バルブというモト・グッツィ伝統のレイアウトながら、今回新たに排気量を853ccに拡大。748ccの現行V7シリーズの比べると最高出力で7psアップの55ps、最大トルクでも2Nm向上するなど動力性能も高められている。

車体も鋼管ダブルクレードルフレームに、前後サスペンションはフロントに正立フォーク、リヤはツインショックとオーソドックスな従来スタイルを踏襲しつつもホイールベースは30mm延長、シート高は780mmと低めに抑えられるなど、ややロー&ロングスタイルとなり、幅広なアップハンドルも含めてゆったり乗れるライポジとなっているようだ。

タイヤも今回、フロント130、リヤ150のハイプロファイルの16インチサイズを標準装着。小径ホイールにいわゆるファットタイヤを思い切って採用したことで、見た目のインパクトとボバー感も際立っている。どんなハンドリングに仕上げられているのか楽しみである。

金属製マッドガードやチェッカーフラッグをモチーフにしたグラフィックが施されたスチールタンクを採用するなど、クラシカルな雰囲気の中にもモダンさとスポーツスピリットをさりげなく表現している点も新鮮。また、新世代V7シリーズ同様、ABSやトラクションコントロールを標準装備するなど電子制御も導入され、安全性能も高められている点にも注目したい。

v9_bobber-1

v9_bobber-3v9_bobber-6
v9-grigio-sport160527_02

モバイルで車両情報を入手、活用可能

さらに、V9をはじめとする日本で販売するモト・グッツィのラインナップはすべて「モトグッツィ・メディア・プラットフォーム/MG-MP」のアクセサリーに対応していているとのこと。これはBluetoothを利用しスマートフォンを通じてさまざまな車両情報を入手、活用することが可能となっている。

160525_197

“クルーザーライン”というモト・グッツィの新たな挑戦

モト・グッツィには元々「カリフォルニア1400カスタム」のようなラグジュアリークルーザーもあるが、今回新たにボバースタイルのV9が加わったことで、より気軽に楽しめるクルーザーラインの選択肢が広がることになる。いずれV9シリーズも拡充していくだろう。

V7シリーズで確立したネオクラシックラインとの住み分けも含めて、どんなファン層を獲得していくか興味深いところ。モト・グッツィの新たなチャレンジに期待したい。

160527_01

【関連ニュース】
【新車】モトグッツィ、「Bobber」スタイルをより現代的に表現した新型モデル「V9 BOBBER」を7月に発売
ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る