[IRC]JNCC Rd.4 超大型ルーキー、斉木達也の走りをゲコタが支える

160526_116

JEC 第4戦 ジョニエルG
日時:5月22日
会場:長野県爺ガ岳スキー場
天候:晴
コンディション:ドライ
PHOTO&TEXT:稲垣正倫

日本最大のクロスカントリーJNCCも、いよいよ中盤戦にさしかかり第4戦。シリーズ中でも難易度の高い爺ガ岳のコースは、特にガレ対策としてix-09wゲコタへの呼び声が高いところ。ただし、トップクラスのライダーからは「ガレのスピードはさほど関係ない」とされており、ソフトコンパウンドのタイヤは耐久性を危惧される傾向にある(ただし、ix-09wゲコタは世界最大最難のハードエンデューロであるエルズベルグでも、テスト済みで、ブロックが飛ぶようなことはなかった)。

タイヤでサポートを受けていない斉木達也は、第3戦広島で結果を残せなかった雪辱を果たすために、爺ガ岳に向けてゲコタを手配。当日の情報次第で、ゲコタを履くか、モトクロスタイヤを履くか決めるという方針で、結果ゲコタをチョイスした。

このタイヤ選択が功を奏して、斉木はオープニングラップから他を圧倒するスピードで爺ガ岳を席巻。昨年のチャンピオン渡辺学に2分ほどのリードを築いた上で、なお攻め続ける。その姿勢は、斜度の激しい名物セクションガレクライム(今回はダウンヒルとして使用)に特にあらわれ、現場にいないXCファンをもムービーを通じて魅了するスピードで一躍話題に。「小池田さんが追ってくることも考えて、余力を残していた」と斉木。さらには、レース中にスロットルチューブがちぎれるというアクシデントで、ピット作業を余儀なくされたにもかかわらず、圧勝を遂げた。

→全文を読む

情報提供元 [ IRC TIRE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る