[KTM]MotoGP Rd.6 ビンダーが今季3勝目をマーク、ポイントでも2位以下を大きくリード

160525_119

『2016MotoGP/第6戦イタリア・ムジェロ』。小排気量クラス/Moto3にRed Bull KTM Ajoから参戦した#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)は3連勝。チームメイトでMoto3ルーキーの#64BoBendsneyder(ボー=ビンドシーダー)は18位でレースを終えました。

レースはまさにサバイバルでした。約3秒に20人のライダーがひしめき合った今大会。

しかしビンダーは完璧でした。トップグループを形成する20台がめまぐるしく順位を入れ替えるなか、最終ラップにトップに出たビンダーが逃げ切りトップでチェッカーを受けたのでした。

ビンダーは今季3勝目。ポイントスタンディングスでも2位との差を45ポイントに広げトップに君臨しています。

ビンダーのコメント:
「今日のレースはいままでにないほどタフだった。序盤にはトップにいたが、その後10位、8位と順位が入れ替わった。そんななかで戦略を立てるのは難しかった。そしてラストラップになると自分は集団の後方にいて、しかし1コーナーの進入で大きく順位を上げることができた。

あらゆる場面でさまざまなバトルを展開し、そこを制して今季3勝目を挙げることができたのは大きな収穫だった。こんなバトルができたのも、完璧なギアボックスを用意しマシンを仕上げてくれたチームのおかげだ。いくら感謝しても足りないくらいだ」

次戦/第7戦は6月5日(日)にスペイン・カタルーニャで開催されます。

■Moto3クラス 決勝結果:
1, Brad Binder – KTM
2, Fabio Di Giannantonio
3, Francesco Bagnaia
Other KTM
7, Joan Mir
8, Nicolo Bulega
9, Juanfran Guevara
10, Andrea Migno
13, Gabriel Rodrigo
15, Lorenzo Dalla Porto
18, Bo Bendsneyder
21, Maria Herrera
DNF Andrea Locatelli
DNF Romano Fenati

◎ Moto3クラス ポイントスタンディング
1, Binder (KTM), 127 points
2, Navarro, 78
3, Fenati (KTM), 67

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る