[KTM]EnduroGP Rd.3 ギリシャKTMファクトリーチームは各クラスで好成績を収める

160525_117

『2016エンデューロGP/第3戦ギリシャ』。ファクトリーチーム/KTM ENDURO FACTORY TEAMからはE1クラス(2st125cc/4st250cc)に参戦した#91Nathan Watson(ネイザン=ワトソン/250EXC-F)は初日2位/2日目2位、#25Ivan Cervantes(イワン=セルバンテス/250EXC-F)は初日3位/2日目4位。

E2クラス(2st250cc/4st450cc)に参戦した#33Taylor Robert(テイラー=ロバート/350EXC-F)は初日3位/2日目2位、#7Christophe Nambotin( クリストフ=ナンボティン/350EXC-F)は怪我のため本大会をキャンセルしました。

激しい雨によってタフなコンディションとなった1日目。E1クラスのワトソンはスリッピーな路面が続く序盤でトップに立ちます。しかしファイナルラップで逆転され惜しくも14秒差の2位でフィニッシュ。チームメイトのセルバンテスはトップから2分半ほど遅れますが3位でフィニッシュしました。

またE2クラスのロバートはスペシャルテストでトップのタイムをマーク。しかしタイムマネージメントのミスにより60秒のペナルティが加算され3位に終わったのでした。

前日に続きマディの難しいコンディションとなった2日目。しかしロバートは力強い走りを見せ、E2クラスのトップに迫る2位でフィニッシュ。またE1クラスのセルバンテスも2日目4位でフィニッシュする良い走りを見せました。

ナンボティンはシーズン序盤に負った怪我から復帰することができず、今大会をキャンセルしています。

ワトソンのコメント:
「両日ともにE1クラスの2位でフィニッシュできた。第2戦ポルトガルよりもタフなコンディションだったが集中力を切らすことなく走りきることができた。特に初日は良かった。最終ラップのファイナルテストまで首位をキープしていたが、僅かな差で逆転されてしまった。少しのミスだったが、そこを突かれてしまった」

セルバンテスのコメント:
「厳しいコンディションは皆一緒だった。その中で自分はベストを尽くした。今日は、今季のレースの中で一番良いフィーリングを得られていた。その結果、初日は2位/2日目は4位という良い結果が得られた。いくつかのミスを冒したが、この条件下でならしかたがないことだ。いまは良いフィーリングが戻ってきた。このフィーリングはさらに高められるだろう」

ロバートのコメント:
「良い走りができた。初日は勝てるレースだった。タイム的にはトップだったがタイムコントロールをミスしてペナルティを受け、勝ちを逃してしまった。2日目は、雨は降っていなかったが各テストは初日よりも滑りやすいと感じた。しかし初日の好調を維持することができクラッシュも1度だけ。トップとの差は僅か2秒だった。勝利を逃したことは残念だったが、レーススピードは十分。この調子が維持できれば次戦以降、フィンランドかスウェーデンで勝つことができるだろう」

次戦/第4戦は6月11日(土)12日(日)にギリシャで開催されます。

【Day1/決勝結果】

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Nathan Watson – KTM
3, Ivan Cervantes – KTM

■E2 Results
1, Matthew Phillips
2, Loic Larrieu
3, Taylor Robert – KTM

■GP Results
1, Eero Remes
2, Nathan Watson – KTM
3, Matthew Phillips

7, Taylor Robert– KTM
13, Nathan Watson– KTM

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Remes, 120
2, Watson(KTM), 93
3, Martini, 79

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Phillips 109
2, Robert(KTM), 90
3, Bellino, 84

◎GPクラスポイントスタンディングス
1, Phillips, 92
2, Remes , 88
3, Holcombe, 81

【Day2/決勝結果】

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Nathan Watson – KTM
3, Gianluca Martini
4, Ivan Cervantes – KTM

■E2 Results
1, Loic Larrieu
2, Taylor Robert – KTM
2, Matthew Phillips

■GP Results
1, Eero Remes
2, Johnny Aubert
3, Loic Larrieu
4, Taylor Robert– KTM

6, Nathan Watson– KTM

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る