[YAMAHA]MotoGP Rd.6 フリー走行 ロレンソが総合2番手、ロッシが総合6番手

160523_03

■大会名称:MotoGP第6戦イタリアGP
■開催日:2016年5月20日(金)フリー走行総合結果
■開催地:ムジェロ/イタリア(5.245km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度
■路面温度:26度

Movistar Yamaha MotoGP
ロレンソが総合2番手、ロッシが総合6番手で終了

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、ともに順調にスタートした。フリープラクティス1はウエット・コンディションとなったが、午後になるとコンディションが好転したため、2人は午前中の分も取り戻そうと精力的に走行を重ね、ロレンソは総合2位、ロッシは総合6位で初日を終えた。

ロレンソは午前中、リスクを避けて走行を見合わせた。午後のセッションでは、果敢に攻めて好タイムを連発した。ロレンソはトップと0.461秒差の1分48秒157で総合2位につけた。

一方のロッシは午前中、地元ファンを喜ばせようと雨の中コースイン。しかしタイムアタックは行わず、ピットレーンからスタート練習を行ってすぐに戻るという走行を8回繰り返した。午後のセッションではセッティングに集中。主にマシンバランスの向上に取り組み、ムジェロ・サーキットの中でも厳しい最終セクションに照準としたセッティングを行った。ラップタイムは、トップとの差0.644秒の1分48秒340で6位となった。

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロは、ムジェロ・サーキットでのウイーク初日に総合10番手を獲得した。雨に見舞われた第1セッションは走行を見合わせたが、路面が乾いた第2セッションは、スタートするとすぐにスピードアップ。同時にセッティングの向上に取り組み、さらにペースを上げて16ラップ目に自己ベストを記録した。トップに0.774秒と迫る好調ぶりで、明日以降にも期待がかかる。

チームメイトのB・スミスは、午前中からコースに出てウエット・コンディションにおけるデータを収集。インターミディエイトを履いて4番手のタイムを記録した。第2セッションでは、決勝に向けたベース・セッティングを行いながら、順調に周回を重ね、終盤に自己ベストを更新。総合15番手で初日を終えた。明日はさらにタイム短縮を目指し、グリッドの好位置獲得を狙う。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
  2. ユーザー:みなぎさん 車種名:SUZUKI GSX250S カタナ 期間:2017…
  3. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 ドゥカティの「持ち味」「個性」の共通認…
  4. 多重クラッシュの中、唯一後ろを振りかえらずにチェッカー FIMアジアロードレース選手権 (…
ページ上部へ戻る