[YAMAHA]MotoGP Rd.6 Movistar Yamaha MotoGP、ホームGPへ!

160520_110

■大会名称:MotoGP第6戦イタリアGP
■開催日:2016年5月20日(金)フリー走行、21日(土)予選、22日(日)決勝
■開催地:ムジェロ/イタリア
■開設:1974年
■コース長:5.245km
■サーキットレコードラップ:1分47秒639(2013年:M・マルケス)
■サーキットベストラップ:1分46秒489(2015年:A・イアンノーネ)
■2015年の優勝者:J・ロレンソ(ヤマハ)

Movistar Yamaha MotoGP、ホームGPへ!

第5戦フランスGPで、2戦連続となる1-2フィニッシュを達成したMovistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシ。この週末は、イタリアに本拠地を置くチームにとって、今シーズン初のホームGPを迎える。

ル・マンでの活躍によりランキングトップに立ったロレンソは、ポジションキープを第一に今大会に臨む。ムジェロでは何度もすばらしいバトルを繰り広げてきた。特にMotoGPでは輝かしい成績を残しており、2009年から2015年まで7年連続で表彰台を獲得。内訳は、2011年、2012年、2013年、2015年が優勝、2009年、2010年、2014年が2位というもので、GP250でも、2006年に優勝、2005年には2位を獲得している。

チームメイトのロッシもまた、同サーキットで輝いてきたひとり。今回もイタリアのファンの前で見応えあるレースを披露し、現在のランキング3位からのポジションアップのため優勝を目指している。ムジェロでは2002年から2008年まで7連勝を達成し、2009年と2014年は3位を獲得。またGP250では1999年に優勝、1998年に2位、GP125では1997年に優勝を果たしている。

伝統あるムジェロ・サーキットはフィレンツェからわずか30kmに位置し、シーズンの中で最も人気の高い大会として多くの熱狂的ファンが集まる。1976年に初めてグランプリが開催されたが、グランプリ・サーキットとして定着したのは改修工事後の1991年以降。トスカーナ地方の美しい丘陵地に建設されたサーキットは、高速コーナーと低速コーナーが混在し、1,141mのロングストレートを持つ。ライダーはもちろん、ライダーやチームに声援をおくるファンからもたいへん愛されている。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  2. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
ページ上部へ戻る