スズキ、アンドレア・イアンノーネとの2017・2018年MotoGPシーズン契約締結を発表

160520_01

スズキ、はアンドレア・イアンノーネ選手とチームスズキエクスターのライダーとして2017年、2018年の2年契約を締結したことを発表した。

現在開催されている2016年シーズン終了後、イアンノーネは、チームメイトのアレイシ・エスパルガロと、スズキのレース車両GSX-RRを駆ってMotoGP世界選手権に参戦することになる。

以下プレスリリースより

アンドレア・イアンノーネ選手は1989年8月9日生、イタリア南部のバスト出身のライダーで、15歳の時にイタリア選手権、スペイン選手権に参戦した時からレース活動を始めました。

2005年から125cc世界選手権に参戦し通算4勝を挙げ、2010年にモト2選手権にステップアップしてからは選手権ランキングで常にトップ3を確保、8回の優勝を遂げました。2013年にモトGPに昇格し、2015年には、ポールポジション1回、表彰台3回を獲得し、年間5位で3年目のシーズンを終えています。

160520_02

ダビデ・ブリビオ – チームマネージャー コメント

我々は、アンドレアを、次の2年間我々のチームに迎え入れることをとてもうれしく思います。彼はモトGPにおけるトップライダーの一人で、とても情熱的で、やる気に満ち溢れたライダーであり我々チームの考え方にぴったり適合しています。

我々の開発は、2015年に開始してからどんどん進んでいます。1日でも早く安定して勝利に近づけるようGSX-RRの戦闘力を高めることに注力しており、我々の目指す頂点への道のりを後押ししてくれるライダーを探していました。

アンドレアは勝利に貪欲で、とても速いライダーであり、彼のライディングスタイルは、我々の車両特性にマッチしています。これにより我々は強い絆を構築できると楽しみにしています。モトGPで4年目を迎えた経験ある彼から、チーム全体が恩恵をうけることでしょう。

160520_03

【関連ニュース】
ヤマハ、ロッシのチームメイトにマーベリック・ビニャーレス!スズキから移籍へ

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る