ヤマハ、ヒト型自律ライディングロボット「Motobot」がロッシと初対面した動画「MOTOBOT Meets The Doctor」を公開

160519_123

ヤマハは、2015年秋の東京モーターショーで公開し、全世界で大きな反響を得たヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」映像の続編を、Youtube上で公開した。

ついに巡り合ったMOTOBOTとロッシ

「私は、あなたを超えるために生まれてきた」――。
「あなた」とは、二輪ロードレース界のスーパースター、MotoGPライダーのバレンティーノ・ロッシ選手。

前回公開された「MOTOBOT(モトボット)Ver.1」では、「MOTOBOT」のまだ未熟な自律走行のシーンが映し出されていたが、続編の「MOTOBOT Meets The Doctor」では、サーキットを走行するシーンと共に、ついにロッシと初の対面を果たしている。

今後は、2017年に時速200Kmでサーキット走行をすることを目標とし、今後も開発が進められていく。

【関連ニュース】
◆ヤマハが「MOTOBOT」最新映像を公開。ロボットがロッシを超える日はくるのか!?

ヤマハ発動機のヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」が、ついにバレンティーノ・ロッシと対面

ヤマハ発動機株式会社は、2015年秋の東京モーターショーで公開し、全世界で大きな反響を得たヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」映像の続編を本日、Youtube上で公開しました。

MOTOBOTは、モーターサイクル本体には手を加えず、人側から見た車両操作にフォーカスしたヒト型自律ライディングロボットです。2015年の東京モーターショーで初めて公開し、国内外から大きな注目を集めました。

研究テーマは「Beyond Human Capabilities」。一般的にロボットは用途を特化させることで、人を超越する性能を発揮します。その優位性を生かし、前回公開した映像「To ”The Doctor”, 親愛なるロッシへ」では、サーキットにおけるラップタイムでMotoGPライダー バレンティーノ・ロッシ選手への挑戦を宣言したMOTOBOT。続編の「MOTOBOT Meets The Doctor」では、ついに初の対面を果たします。初めて見るMOTOBOTに興味津々のロッシ。技術者とロッシはどんな会話を交わしたのか。ぜひ映像をご覧ください。

MOTOBOT Meets The Doctor (Valentino Rossi)

ヤマハ発動機は、世界を主導する研究・技術開発機関であるSRIと共同でMOTOBOTの研究・開発を行っており、この挑戦から得られる知見や高度な要素技術を、製品展開や新たな価値創造に応用していきます。

<参考URL>

>>MOTOBOT詳細

MOTOBOT Ver. 1 / To “The Doctor”, 親愛なるロッシへ
サーキットでロッシを超越するために。ヒト型自律ライディングロボット MOTOBOT Ver. 1
https://youtu.be/EzgJWwAx8Mo

【関連ニュース】
◆ヤマハ、ライディングロボット「Motobot」開発の第2フェーズを始動
◆目指すは世界チャンピオンの超越 ヤマハブースで人気の「MOTOBOT」
◆親愛なるロボットくん、君の本当の目的はなんですか?

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-R1100/750オーナーの強い要望により実現! オートバイパーツの企画・製造…
  2. 今注目の、ステージを選ばないアドベンチャー系バイク向けモデル アライは、アドベンチャー系バ…
  3. 【Webikeニュース編集部】 主にヨーロッパの排ガス規制EURO4と基準を合わせるべ…
  4. バイクの通販サイトWebikeが、栃木県ツインリンクもてぎで5月27日(土)に「Webike…
ページ上部へ戻る