[YAMAHA]MXGP Rd.8 フェーブルが第2ヒートを制して総合2位

160518_108

■大会名称:2016年第8戦トレンティーノGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日2016年5月15日
■開催地:ピエトラムラータ(コース長:1,660m)
■天候:晴れ/曇り 気温24℃

Monster Energy Yamaha Factoryのライダー、ロマン・フェーブルが表彰台に戻って来た。日曜日に山に囲まれたピエトラムラータで行われたトレンティーノGPに参加したフェーブルは、第2ヒートを制し、総合成績でも2位に入った。

チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークはこのイタリアのサーキットでトリッキーな岩々と軟化したダートの間を慎重にライディングするレースを見せて総合7位に入った。一方、Kemea Yamaha Official MX Teamのヴァランタン・ギヨーは好スタートを重ね、好天に恵まれ、多くの観客が詰めかけたこの日のグランプリを13位で終えた。

フェーブルは第1ヒートのスタートがわるく、後方からの追い上げを強いられる。フランスのJ・ティクシエ(カワサキ)の後方、10位につけると再びクラッシュを喫し、わずか4周で数ポジションも順位を落としてしまう。残りの周回でYZ450FMをフルスロットルで操るフェーブルは前を行くライダーを捕らえては抜き、フランスのC・シャリエ(ハスクバーナ)と英国のS・シンプソン(KTM)と数ラップに渡るバトルを展開して両ライダーを抜き去り、17位から6位まで順位を上げてフィニッシュした。

第2ヒート、フェーブルは立ち直り、はるかに良いスタートを決めると、先行するライダーたちを次々に抜き去り、トップを行くイタリアのA・カイローリ(KTM)に追いつき、バトルを展開する。そしてゴールまで残り3周となったところで第1ヒートを制したカイローリをパスすると、これを引き離し、勝利を飾った。

ファン・フォルベークは最近、チームのメカニックとともにスタートを改善するための作業を行っているが、これが功を奏し、両ヒートとも好スタートを決める。着実な走りを示すファン・フォルベークは、第1ヒートでは11位から順位を上げて5位に入ると、第2ヒートでもフランス人ライダーのG・ポラン(ホンダ)と争った後、5位でフィニッシュした。

スイス人ライダー、ギヨーは第1ヒートのスタートでは、予選レースで見せた4位からほど遠く、クラッシュを喫してしまう。さらにギヨーは不運にも最終ラップにテクニカルトラブルに見舞われ、ポイント獲得を逃した。第2ヒートでは挽回し、好スタートを決めて7位でフィニッシュ。総合13位となった。

160518_109

MXGP世界選手権ランキングで、フェーブルは2位のままだが、トレンティーノで4位に入り、ランキング1位のスロベニア人ライダー、T・ガイザー(ホンダ)との差を4ポイントに詰めた。ファン・フォルベークはロシアのE・ボブリシェブ(ホンダ)に続く6位 (※原文はHorebeek moves up one position to 6th とありますが、前戦から6位でした)、そしてギヨーは9位を維持しているが、追いかけるオランダのG・コルデンホフ(KTM)との差を7ポイントに拡大した。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る