残り2席!「鉄人」賀曽利隆と走るイスタンブール シベリア&シルクロード横断 50日間ツアー

20160517_dousoshin01

オートバイでの海外ツアー企画・手配旅行の販売業務を行っている道祖神は、イスタンブールシベリア&シルクロードを横断する50日間のツアーを実施する。
ツアーのリードライダーとして鉄人・賀曽利隆氏を迎え、ウラジオストックからイスタンブールを目指すアドベンチャーツーリングとなっている。
現在、8枠が埋まっており残席が2席。5月いっぱいまで募集をしている。

歴史的な交易路「シルクロード」を辿る旅路

歴史的な交易路である「シルクロード」を辿るルートで、様々な文化的遺産や、古く歴史ある町並み、そして古代より使用される街道を走ることができる。
これは一人で走破することは容易ではない「難しい」エリアだ。これはツアーだからこそできるルートといえる。
バイクも自分のバイクで走ることができ、約14,000kmをオフロードバイクで走破するという、他に類を見ない冒険ツーリングツアーだ。

【Webikeニュース 関連コラム】
◆冒険家・ツーリングジャーナリスト 賀曽利隆 コラム

160114_130

>>申し込み・問い合わせはこちら

「鉄人」賀曽利隆と走る!シリーズ第18弾 目指せ! イスタンブール シベリア&シルクロード横断 50日間

[訪問国] イラン ウズベキスタン カザフスタン キルギス トルクメニスタン トルコ ロシア

160114_131

鉄人・賀曽利隆の情熱と道祖神のネットワークが実現したウラジオストックからイスタンブールを目指すアドベンチャーツーリング!

極東ロシア・ウラジオストックからトルコ・イスタンブールを目指す2016年特別企画。鳥取県境港よりフェリーにてウラジオストックへ。極東ロシアより、アジアハイウェイとシルクロードを走りつないだアドベンチャーツーリングが始まります。ロシア、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イランそしてトルコのイスタンブールまで7か国、約14,000kmを自分のバイクで駆け抜けます。ツアーのリードライダーはおなじみ鉄人・賀曽利隆氏。道祖神とのコラボレーション企画も今回でシリーズ第18弾となります。どこまでも続く広大な大地と人々の熱気に抱かれ、いざ、夢のグランドツーリングへ!10名様限定です!

160114_132

ツアーインフォメーション

ご出発地 ご出発日または期間 出発曜日 ご旅行代金
境港 2016-07-23 (土) 1,950,000円
(排気量499ccまでのバイク)
境港 2016-07-23 (土) 2,100,000円
(排気量500cc以上のバイク)

最少催行人数:10人 (最大10人)
添乗員:日本より同行します。
食事:朝食46回/昼食40回/夕食34回(機内食除く)
走行距離:約14,000km
使用予定バイク:ご自身のバイク(250cc~400cc程度の4stオフロードモデルがお勧めです)
※500ccを越える場合は追加料金になります。
※出発前に基本的な整備、タイヤ、オイル、部品の交換を済ませてください。

予定航空会社:エミレーツ航空(EK)など
予定宿泊施設:基本的にモーテル、ゲストハウス泊となりますが、都市部ではスタンダードホテル利用予定。

一人部屋追加料金:現地事情により、事前にお受けすることはできません。現地にて空室があれば、オプションとして手配させていただきます。

参加資格
1. 250cc以上のバイクを所持しオンロード走行 中・上級者レベル。
2. 年間1万キロ以上ツーリングで走られている方
3. グループツーリングができ、協調性のある方(自分勝手な行動をしない方)
4. トラブルを楽しめる方
5. 自主性を持って参加できる方
その他:※バイク送料・コンテナ費用は、2016年5月よりキャンセルチャージが掛かってきます。詳細は担当者よりご案内いたします。

◆ツアー代金に含まれるのも(主なもの)
境港発のフェリー代、イスタンブール発の片道航空券(エコノミークラス)、バイクの往復送料(コンテナによる)、宿泊代、朝食代、日程表に記載される昼、夕食代、ガソリン代、サポート費用(添乗員ドライバー兼、メカニック、現地ガイド同行費用)

◆ツアー代金に含まれないもの(主なもの)
各地の空港税、燃油価格調整金、日程表に記載の無い昼、夕食代、観光施設入園料、有料道路、入国税、出国税などの税金、現地で加入の対人、対物保険、ミネラルウォーター、バイク輸送にかかわる送料以外の費用(積み込み、固定費など・・現場でしかわかりにくい費用)、その他通信費、旅行傷害保険、カルネ取得費用などの個人的な費用。

◆その他
リードライダー、サポートカーが同行します。

【注意事項】
上記ツアー代金の他に、燃油特別付加料、空港税等が別途必要です。
※燃油特別付加税とは、航空会社は、燃油価格の高騰により、燃油価格の変動に応じ金額が変動する「燃油特別付加税」を国土交通省航空局に申請し、一部航空会社は既に認可されております。ツアー代金とは別に「燃油特別付加税」をお支払い頂きますようお願いいたします。
この料金は各航空会社やご搭乗区間ごとに異なります。詳しくはツアーお申し込み後にお問合せ下さい。

160114_133

160114_134

→全文を読む

情報提供元 [ 道祖神 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 初の冬季開催決定! 国内最大級のバイクイベント「2り…
  4. ※車輌画像は海外仕様。国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 インディアンモータ…
ページ上部へ戻る