[DUNLOP]ARRC Rd.2 小山選手(ホンダ)が初優勝を飾る

160516_128

アジアロードレース選手権第2戦は、5月7日・8日にタイのチャーン・インターナショナルサーキットで開催された。連日40度を超す厳しい暑さの中、予選ではザイディ選手が開幕に続くポールポジションを獲得、2位ウイライロー選手、3位小山選手、4位の高橋選手までホンダ勢がトップ4に並んだ。

Race1

土曜日のレース1、スタートダッシュを決めた小山選手がトップでオープニングラップを終え、その後もレースをリードしていく。レース序盤はヤマハのクライサット選手が2位に上がり小山選手に迫っていく。

しかし5周目に転倒、3位走行のユディスティラ選手(カワサキ)は転倒を避けるため順位を落とし変わって2位に浮上したのは地元タイのナルクチャロンスリ選手(ヤマハ)。

転倒したクライサット選手のチームメイトでSS600ルーキーのナルクチャロンスリ選手、地元ライダーの2位走行にサーキットは沸いた。
小山選手と激しいトップ争いを展開するが、ルーキーの挑戦はファイナルラップ最終コーナーの転倒で終わってしまう。

アグレッシブなライディングゆえの転倒だった。2番手にはザイディ選手、3番手に髙橋選手が続き、ホンダが表彰台を独占。小山選手がアジア選手権初優勝を飾った。

Race2

日曜日のレース2、ホールショットはザイディ選手が奪い、小山選手、ウイライロー選手のホンダトップスリー。しかし4周目ザイディ選手を捉えたのはカワサキのユディスティラ選手だった。

そして6周目、開幕戦完全優勝のカマルザマン選手(カワサキ)がザイディ選手をパス、カワサキ勢のワンツーで周回を重ねていく。

レース中盤ではユディスティラ選手がラインをはずして後退、再びザイディ選手がトップに立ち、カマルザマン選手とのマッチレースになる。

ラスト2周でカマルザマン選手がトップを奪うがファイナルラップにザイディ選手が再逆転、そのままトップでチェッカーを受けた。高橋選手は3位に入り2レースともに表彰台に上がった。

160516_127

小山選手のコメント
「これは、これまで私が戦った中で最もタフなレースの一つといえるでしょう。灼熱、バトル、長いレース周回、すべてがは挑戦でした。ラスト2ラップは本当に過酷でした。体力的にも限界に来ていて、ヘルメットの中に吐きながらゴール目指して走り続けました。それだけにこの初優勝は当にうれしいです。」

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る