[HONDA]JMX Rd.3 成田亮は、連勝ストップもヒート1で今季5勝目!

160516_117

2016年5月15日(日) 決勝
会場:世羅グリーンパーク弘楽園
天候:晴れときどき、曇り
気温:23℃
コースコンディション:ドライ
観客:3620人

今シーズンの全日本モトクロス選手権は全9戦。早くもシーズン序盤を消化する第3戦中国大会が、広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で行われました。昨年に続いて春の大会のみを開催する、このモータースポーツ施設は広島県の南東部に位置し、丘の斜面を利用したアップダウンに富むハイスピードかつダイナミックなモトクロスコースとなっています。

これまでこのコースでは、スタート直後にビッグジャンプを通過するのを避けるため、1周目のみ大幅にショートカットするレイアウトを採用していました。今大会から、この方式を変更することが検討されていましたが、土曜日の朝に実施されたブリーフィングの結果、従来どおりの仕様に落ち着きました。

HondaワークスチームのTeam HRCは各クラス1台体制として、最高峰クラスのIA1に成田亮、IA2には今年からHondaに移籍した能塚智寛が参戦。両者、開幕戦と第2戦で両ヒート優勝を果たし、チームは勝率100%の状態で今大会に臨むことになりました。

IA1のヒート1、これまでのレースと同じく、抜群の集中力でスタートに臨んだTeam HRCの成田亮は、新井宏彰(カワサキ)と並んで1コーナーをクリアすると、複数のジャンプが配されたロングストレート区間で先頭に立ち、ショートカット設定のオープニングラップをトップでクリアしました。

レース序盤、混戦を繰り広げてペースが上がらない2番手集団を後目に、成田は安定したハイペースで周回。ちょうどレース前半が終了し10周目の段階で、それまで2番手を走っていた熱田孝高(スズキ)に代わって平田優(ヤマハ)が2番手に浮上、成田はこの平田に約6秒のアドバンテージを確保していました。

160516_118

後半に追い上げを図る平田に対して、成田は着実な走行を続け、一時は両者の差が4秒以内にまで接近するも、ここで成田が少しペースを上げると、平田は対応することができず、再び差が広がっていきました。そして成田は、レースを完全にコントロールして、開幕5連勝となるトップチェッカーを受けました。

迎えたヒート2、成田は平田と三原拓也(ヤマハ)に次ぐ3番手で、スタート直後のターンをクリア。すかさずこの2台をパスして、ヒート1に続いてトップでレースをスタートさせました。散水とレースの繰り返しによって、路面はかなり荒れたコンディションに。この中で成田は後続を引き離すべく、懸命にスロットルを開けていきました。

160516_119

しかし、大会前から身体の不調を感じていた成田は、思うようにペースを上げることができず、4周目には三原、次周には平田に先行を許し、3番手に後退。さらに成田の後方には、5台のライバルが接近するという厳しい状況で、成田は7周目にはベストラップタイムを記録して順位のキープを図りました。

レース中盤、激しいバトルで一度は退けた小島庸平(スズキ)の先行を許して以降、無理ができない成田はペースを落とし、徐々にポジションダウン。その後は上位集団から離れ、完走を目指しました。そして成田は、不本意な8位でフィニッシュ。今季初めて、優勝を逃すことになりました。

160516_120

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  2. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
  3. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  4. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
ページ上部へ戻る