[HONDA]MXGP Rd.8 ガイザーが8戦連続の表彰台登壇 バブリシェフは総合6位、復帰戦のポーリンがレース2でポイント獲得

160516_113

モトクロス世界選手権第8戦は、イタリアのピエトラムラタで開催されました。HondaのワークスマシンCRF450RWを駆るティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)が、総合3位に入り、開幕からここまで全戦での表彰台登壇を達成。一方、Team HRCの両ライダーは苦戦を強いられ、イブジェニー・バブリシェフは、転倒から巻き返しをみせて総合6位入賞、ケガからの復帰戦となったゴーティエ・ポーリンはレース2で9位となり、ポイントを獲得しました。

ガイザーはレース1の序盤でポジションを大幅に落とし、18番手から追い上げる戦いとなりました。1周目で9番手までばん回すると、さらにペースを上げて残り22分の段階で5番手まで浮上。ファステストラップを叩き出しながら4番手まで順位を上げ、2番手争いに加わりましたが、終盤に転倒してしまい、トップから約5秒差の4位でフィニッシュしました。

160516_115

レース2はホールショットから後続を引き離す得意の展開に持ち込んだガイザー。2番手に約7秒の差を付けてレースをリードしましたが、レース中盤にまたもや転倒を喫し、6番手までポジションダウン。そこから最速ラップをマークして追い上げ、4位でゴールし、総合3位で表彰台登壇を果たしました。

Team HRCのライダーは不運に苦しめられる一日となりました。レース1は、バブリシェフ、ポーリンともに序盤で転倒。ポーリンのマシンはレースの続行が難しく、そこでリタイアとなりましたが、バブリシェフはなんとか追い上げ、9位でフィニッシュしました。

160516_116

レース2では、両選手とも上々の滑り出しをみせます。レースが進むにつれて路面状況は変化し、バブリシェフは3位でフィニッシュしたものの、ポーリンは腕上がりも出てペースを落としてしまい、9位でチェッカーを受けました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る