【試乗レポート】スタイルも走りもスタイリッシュ「ベスパ スプリント150」

【Webikeニュース編集部】

神奈川県にある大磯プリンスホテルで開催された「JAIAインポートモデル試乗会」で、編集部が気になったモデルをご紹介!
一般道と西湘バイパス(有料道路)含めた、「一般ライダー目線」でチェック!

おしゃれな万能スクーター

20150517_sp150
往年の名車「Sprint」の名を受け継ぐスポーツモデルとして、伝統的なスクエアヘッドライトが再現され、ホーンカバーやフロントサスペンションスプリング等が赤く彩られいる。
美しいボディワークは現代の街並みにもしっかりマッチし、颯爽と駆け抜ける。外観も走りもスタイリッシュの一言。「スクーターに乗っている」ではなく「ベスパに乗っている」と言いたくなる、そんなスプリント150に試乗した。

160506_08160506_09
160506_10160506_11

 
Sprint150 新車・中古車をみる  サービスデータ

Sprintの名を受け継ぐスポーツモデル

新設計の強化スライディングサスペンションと、ベスパの中ではスモールボディと位置づけされるモデルとして、初装備となる前後12インチのホイール。これにより車両の安定性と運動性が向上し、安全性が高まっている。
車両重量は130kgでベスパ PX150 に比べて10kg重たいのだが、その分出力(エンジンパワー)は高く発進も加速もじつにスムーズ。

160506_12160506_13

 

街乗りから高速道路まで扱いやすいハンドリング

日本メーカーの150ccクラスのスクーターに比べると、スプリント150は乗車姿勢が起きているためかハンドリングが軽い印象を受ける。それ故に街乗りが軽快なのは当然として、気になってくるのが高速道路での安定性だ。

さっそく高速道路に入り左車線の流れに乗って走ってみたが、特にフラつくようなこともなく問題は感じられなかった。結果として、街乗りから高速道路までストレスを感じることなく楽しむことができた。

 

レンズ形状にこだわりを感じるメーター

イタリアンデザインを感じさせるお洒落なメーター。ハンドル中央に位置し、視認性も高い。
スピードは中央のアナログ式で、液晶ディスプレイには、オド、トリップ、燃料残量、時計が表示される。
ウインカーやホーンなどはなじみのある配置であり、別段迷うこともないだろう。

160506_16

160506_14160506_15

 

取り回し・足つき性

ホイールが滑る様に回転し、軽々と取り回しすることができる。
シート幅があるので足つきは若干悪いが、車体が軽いので倒してしまうような不安はなかった。
また、特筆すべき点としてセンタースタンドが驚くほど軽い。おそらく、センタースタンドと車体の重心との位置関係が抜群に良いのだろう。これなら小柄な女性でも簡単にかけられそうだ。

160506_17160506_18

 

ユーティリティ

ウインカーレンズ内に配置されたポジションランプはLED。
中央のカバーには特徴的な3本のスリットには赤いラインがひかれ、美しいアクセントになっている。
シート下のスペースには、フルフェイスヘルメットが1個入る。二人乗りで高速ツーリングも可能なバイクと考えると、もう少しスペースに余裕があると嬉しかった。

160506_20160506_21

乗っても眺めても楽しめるスクーター

他のスクーターとは一線を引いたレトロ且つスタイリッシュな外観は、眺めていても飽きない。軽いハンドリング、高速道路も走れる充分な出力、女性でも扱いやすい取り回しや軽いセンタースタンドなど、オーナーを選ばないあたりにも親しみが沸く。

ピカピカに磨いたスプリント150と一緒なら、自らも着飾って出かけたくなる。
単なる移動の足ではなく、自らの身だしなみやお洒落レベルも引き上げてくれそうな、魅力的なパートナーだ。

160506_19

【関連ニュース】
◆元気な2サイクルエンジンと、ハンドチェンジがこれぞベスパ!「PX150ツーリング」 

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る