【新車】ハスクバーナ、2017モトクロッサーを発表 2サイクルは新エンジンを投入

160511_112

ハスクバーナは、2017年モデルとなる新型モトクロッサーを発表した。

エアサスペンションを搭載したニューモデル

今回の発表では、4ストモデルに待望のエアサス(AER48)が導入され、従来よりも軽量化。エアサスならではのエア圧調整でスプリングレートを無段階セッティングできる機能が備わっているために、ばねの入れ替えなどのコストが掛からずに即座にレートの変更が可能。
電子制御系ではトラクションコントロールも搭載される。

また、2ストにおいては「TC250」がフルモデルチェンジ、車重も2016年モデルの97.7kgから95.8kgに軽量化されているほか、4スト同様エアサスペンション(AER48)の導入がされている。
エンジンもブランニューとなり、キャブレターもMIKUNI製を搭載。
進化した2ストモトクロッサーが4ストモトクロッサーとバトルを繰り広げる光景がまだまだ楽しめそうだ。

進化する2ストモデルはエンデューロモデルも見越しての投入

また、ハスクバーナはエンデューロモデル「FE」「TE」をリリースしており、この最新機構を搭載したモトクロッサーが、エンデューロモデルへと受け継がれるため、今後のエンデューロモデルもさらに戦闘力がアップすることは間違いない。

特にエンデューロでは軽量な2ストモデルがまだまだ活躍しており、こちらも待望のモデルとなりそうだ。

2017モトクロスシリーズ発表

160511_114

160511_112
TC 250
160511_117
TC 125
160511_118
FC 250
160511_113
TC 250 Engine
160511_116
FC 450 Engine
160511_115
WP AER 48 Forks

【関連ニュース】
◆NEW 2017 MOTOCROSS RANGE UNVEILED

→全文を読む

情報提供元 [ Husqvarna Tomei-Yokohama ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る