[56RACING]鈴鹿サンデーロードレース J-GP3 Rd.2 埜口選手が見事優勝

160516_104

昨日行われました鈴鹿サンデーロードレースJ-GP3クラスにおきまして、56RACINGの埜口選手が見事優勝を飾りました!

前回の転倒から得た反省をもとに、どうやって勝つのか、完走するのかを埜口選手本人が考えて挑んだ今回のレース。予選では他車のスリップストリームに頼ることなく単独で2番グリッドを獲得してくれました。

決勝では序盤トップ2台が飛び出す展開となりましたが、埜口選手はセカンドグループを引っ張りトップグループに復帰し、最終ラップの最終シケインで逆転し優勝を飾りました。今回のレースは、レースに挑む姿勢、レースまでの練習内容、レース内容ともに前回から大きく成長を見せてくれたレースとなりました。

本人の努力はもちろんですが、バイクの修理やセッティング等、チーム内外の協力とご支援があっての結果でもあります。

次のレースは6/4に筑波サーキットで行われます、今回はお休みだった渡辺選手も参戦いたしますので両クラス優勝を目指して頑張ってまいります。引き続きご支援ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

監督: 中野真矢コメント
今年初めてチームとして J-GP3 クラスに挑戦し、皆様のご協力のおかげで優勝を飾ることができました。14 歳の埜口選手も、チームの指示をよく聞いてくれて成長してくれているので、この調子で次戦もがんばってほしいです。

160516_103

情報提供元 [ 56design ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る