[HONDA]CEVレプソルインターナショナル選手権 Rd.2 鳥羽が2戦連続となる表彰台登壇を果たす

160512_121

2016年のFIM CEVレプソルインターナショナル選手権の第2戦は、Moto3クラスのみの開催となり、ロードレース世界選手権(MotoGP)との併催で行われました。決勝レースは5月7日(土)、MotoGPライダーや関係者が観戦する中で行われました。

タイムスケジュールの都合上、今大会ではフリー走行がなく、予選から始まるというタイトなスケジュールが組まれました。ライダーたちは、短い時間でマシンセッティングを行い、決勝に挑みました。

160512_118

ポールポジションはロレンソ・デッラ・ポルタ(ハスクバーナ)。2番手に鳥羽海渡(Asia Talent T.)、佐々木歩夢(Asia Talent T.)が7番手、真崎一輝(Asia Talent T.)が16番手となりました。決勝前のウォームアップでは、真崎がトップタイムをマーク。鳥羽は2番手、佐々木は9番手タイムを記録して、グリッドに並びました。

160512_119

ホールショットは鳥羽。しかし、すぐにポルタがトップを奪います。それを追いかけるかたちで、鳥羽、マルコス・ラミレス(KTM)、ステファノ・マンツィ(マヒンドラ)の3台が接戦を繰り広げます。その後方では、ジェレミー・アルコバ(Estrella Galicia 0,0)を先頭に、10台ものマシンが数珠つなぎとなり、周回を重ねていきました。佐々木や真崎も、その集団の中で激しくポジションを入れ替えます。

160512_120

そんな中で、鳥羽が2番手争いから抜け出すと、トップのポルタをマークします。トップ争いが2台、3番手争いが2台と分かれ、5番手争いは7台となりました。その後、トップ争いはこう着状態に。鳥羽は前に出るチャンスをうかがうように周回を重ね、最終ラップで一気に勝負に出ますが、ポルタには届かず2位でフィニッシュ。惜しくも連勝は逃しましたが、2戦連続で表彰台への登壇を果たしました。真崎は8位、佐々木は10位でチェッカーを受けました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る