国土交通省、大分自動車道の一般開放(通行止め解除)を発表

160511_49

国土交通省は、大分道の湯布院(ゆふいん)インターチェンジから日出(ひじ)ジャンクションまでの17kmの区間について、天候回復のため、2016年5月9日午後10時40分に、一般交通に開放した。

なお、一部区間(約6km)が2車線(50km/h規制)での一般開放となっているが、この開通により、九州の全ての高速道路が回復したことになる。

160511_51
※上記画像は国土交通省公式Twitterより

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る