国土交通省、大分自動車道の一般開放(通行止め解除)を発表

160511_49

国土交通省は、大分道の湯布院(ゆふいん)インターチェンジから日出(ひじ)ジャンクションまでの17kmの区間について、天候回復のため、2016年5月9日午後10時40分に、一般交通に開放した。

なお、一部区間(約6km)が2車線(50km/h規制)での一般開放となっているが、この開通により、九州の全ての高速道路が回復したことになる。

160511_51
※上記画像は国土交通省公式Twitterより

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る