[DUNLOP]MotoGP Rd.5 Moto2 リンス選手が今季2勝目を飾り首位に浮上

160511_131

第5戦は、24時間耐久レースで有名なル・マンで行われた。中低速コーナーの多い約4キロのコースだ。ダンロップは、フロント・タイヤにソフト1、ミディアム2、リア・タイヤにソフト1と、前回から使用している新しいミディアムMSOを供給した。

予選は、ドライ・コンディションで行われ。T・ルティ選手(KALEX)が今季初のポール・ポジションを獲得した。「ル・マンは大好きで、観客の雰囲気もいい。このサーキットとの相性は完ぺきです。今回はいいペースで走れている。決勝に向けて準備は整っています」とルティ選手。

続いて、A・リンス選手(KALEX)が2位、S・コルシ選手(SPEED UP)が3位。中上貴晶選手(KALEX)は、6位2列目に並ぶ。「午前中のフリー走行で転倒して、メニューをすべて消化できなかった。それでも自己ベストを更新でき、アベレージも悪くないので明日の決勝が楽しみです」と中上選手。また、ランキング・トップのS・ロウズ選手(KALEX)は9位3列目となった。

決勝当日は曇り空となり、ドライ・コンディションでスタートを迎えた。決勝が始まると、ルティ選手がホール・ショットを決め、後ろからF・モルビデッリ選手(KALEX)、リンス選手、中上選手、コルシ選手などが続く。

ルティ選手がレースをリード。後ろからリンス選手が僅差で続き、コルシ選手、モルビデッリ選手、L・バルダッサリ選手(KALEX)も僅差で続き、この5台がトップ争いを展開。中上選手は単独6位につける。7周目、リンス選手がトップに上がり、引き離しにかかる。ルティ選手はコルシ選手、バルダッサリ選手の後方4位に後退する。

160511_132

中盤に入ると、リンス選手とコルシ選手がトップ争い、バルダッサリ選手とルティ選手が3位争いとなり、モルビデッリ選手は遅れ始める。中上選手は6位につけていく。

レース終盤、リンス選手とコルシ選手は僅差のトップ争いを展開。3位のルティ選手はバルダッサリ選手を徐々に離していく。バルダッサリ選手は残り5周で転倒すると、ルティ選手が単独3位に。

残り3周になると、リンス選手がラスト・スパートをかけてコルシ選手を引き離し、今季2勝目を達成した。コルシ選手は今季2度目の表彰台2位、ルティ選手が単独3位でゴールした。

また、中上選手は終盤モルビデッリ選手を追いかけたが、惜しくも5位でチェッカーを受けた。

首位のロウズ選手は6位となり、ポイント・テーブルではリンス選手が5点差の首位に浮上した。

→全文を読む

情報提供元 [ DUNLOP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る