[YAMAHA]AMA Rd.17 250SX クーパー・ウェブ選手が2年連続チャンピオン獲得

160511_120

2016年5月7日(土)、AMAスーパークロス選手権・第17戦ラスベガス大会(最終戦)で、「Yamalube Star Yamaha Racing Team」からYZ250Fで参戦するクーパー・ウェブ選手が、250SXウエストで2年連続となるチャンピオンを獲得しました。

ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2016シーズン、ウェブ選手は初戦から3連勝と最高のスタートを切ります。第4戦は21位に終わり、それまでのアドバンテージを使い果たしますが、その後の4戦を、2位2回、優勝2回としトップに浮上。ランキング2位と16ポイント差でラスベガス大会を迎えました。

しかしウェブ選手は、事前の練習で左手首に怪我を負い、今大会を満身創痍で迎えます。その本番はマディコンディションとさらに不利な状況となり、タイトルを争うライバルが優勝。それでも、ウェブ選手はランキングトップをキープできる順位でレースを進め11位でゴール。わずか1ポイント差ながら逃げ切り、2年連続となる250SXウエストのチャンピオンに輝きました。

なお、最高峰の450SXは、「Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racing」のチャド・リード選手がランキング5位。250SXイーストでは、ウェブ選手のチームメイトであるアーロン・プレシンジャー選手が1勝含む4度の表彰台を獲得しランキング2位。同じくチームメイトのジェレミー・マーティン選手が、2勝を含む5度の表彰台を獲得しランキング3位となり、ヤマハライダーが大いに活躍するシーズンとなりました。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る