[YAMAHA]AMA Rd.17 250SX クーパー・ウェブ選手が2年連続チャンピオン獲得

160511_120

2016年5月7日(土)、AMAスーパークロス選手権・第17戦ラスベガス大会(最終戦)で、「Yamalube Star Yamaha Racing Team」からYZ250Fで参戦するクーパー・ウェブ選手が、250SXウエストで2年連続となるチャンピオンを獲得しました。

ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2016シーズン、ウェブ選手は初戦から3連勝と最高のスタートを切ります。第4戦は21位に終わり、それまでのアドバンテージを使い果たしますが、その後の4戦を、2位2回、優勝2回としトップに浮上。ランキング2位と16ポイント差でラスベガス大会を迎えました。

しかしウェブ選手は、事前の練習で左手首に怪我を負い、今大会を満身創痍で迎えます。その本番はマディコンディションとさらに不利な状況となり、タイトルを争うライバルが優勝。それでも、ウェブ選手はランキングトップをキープできる順位でレースを進め11位でゴール。わずか1ポイント差ながら逃げ切り、2年連続となる250SXウエストのチャンピオンに輝きました。

なお、最高峰の450SXは、「Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racing」のチャド・リード選手がランキング5位。250SXイーストでは、ウェブ選手のチームメイトであるアーロン・プレシンジャー選手が1勝含む4度の表彰台を獲得しランキング2位。同じくチームメイトのジェレミー・マーティン選手が、2勝を含む5度の表彰台を獲得しランキング3位となり、ヤマハライダーが大いに活躍するシーズンとなりました。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る