[KTM]MXGP Rd.6 MX2のハーリングスが優勝 MXGPのカイローリが2位

160510_144

『2016世界モトクロス選手権/第6戦ラトビア』。Red Bull KTMファクトリーチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)に参戦した#222Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)は3-2の総合2位、#259Glenn Coldenhoff(グレン=コルデンコフ)は10-15の総合13位。

またMX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)に参戦した#84JeffreyHerlings(ジェフリー=ハーリングス)は開幕戦から負けなしの6戦連続1-1-の完全勝利。#41Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)は3-14の総合7位、MX2トリオの最年少#46Davy Pootjes(デイビー=ポーチェス)は予選レースでクラッシュ。鎖骨を骨折しレースをキャンセルしました。

160510_145

MX2クラス

レース1では2位に32秒もの差を付けて勝利。レース2では8位までを周回遅れとし2位に1分以上のアドバンテージをつける圧倒的な速さを見せたハーリングス。レース1で腕上がりの症状が出たものの、それをものともしない走りを見せました。ハーリングスのチームメイトであるジョナスは、地元ラトビアのファンの前で思うような結果を残すことができませんでした。レース1で3位という好成績を残しましたが、レース2では開始約7分にコースアウトし22位でレースに復帰。そこから巻き返しを図りましたが14位まで順位を回復したところでチェッカーを受けました。

ハーリングスのコメント:
「週末を通して良いリズムで走ることができた。練習走行で良いタイムが出て予選レースでの良いスタートゲートを手に入れることができた。予選で勝つことができ、決勝に向けても良いスタートゲートを得ることができた。決勝では両レースともに良いスタートを切ることができた。レース1では4位くらいでスタートし、そこから2ラップ目にはトップに立ち勝つことができた。レース2ではホールショットを取り、あとは自分の走りをするだけだった」

ジョナスのコメント:
「レース2の途中まですべてがうまく行っていた。予選で2位、レース1では3位を獲得できた。レース2を前に少しだけサスペンションのセッティングを変更したが、それが機能しなかったようだ。オープニングでクラッシュし、復帰してすぐに転倒してしまった。しかしこれまでに多くのことを経験し。今日はいったん自宅に戻って、気分を切り替えてからトレーニングを再開しGPに戻ってくる」

MXGPクラス

予選で2番手のタイムをマークしたカイローリ。レース1で好スタートを切るとカイローリを含めた3台でトップ争いを展開します。そして3周目に3位に落ち着くとそのまま走りきりチェッカーを受けました。

一方、若きチームメイトのコルデンホフはファーストラップの多重クラッシュに巻き込まれてしまいます。そこからレースに復帰したコルデンコフは猛烈にプッシュし10位でチェッカーを受けました。

レース2でも好スタートを切ったカイローリ。そしてレース1と同様、ライバルたちとトップ争いを展開します。しかしそのライバルたちはミスを冒し脱落。かわってR・フェーブル(ヤマハ)が徐々に追い上げトップを走るカイローリに迫り、ラスト8分でフェーブルにかわされカイローリは2位に。巻き返しを図りましたがそのままの順位でチェッカーを受けました。その結果カイローリは3-2の総合2位、コルデンコフは15位でフィニッシュし10-15の総合13位でレースを終えました。

カイローリのコメント:
「まだ自分らしい走りができていない。いまだシーズン序盤で、今後調子が戻ってくると理解している。そんななか、1レースだけミスにより大きくポイントを落としたが、それがなければチャンピオンシップ争いに加われたであろうことを考えると上出来と言える。ポイント争いでも3位に付けているので、次戦以降も楽しみにしている」

コルデンコフのコメント:
「今週末は歯車がかみ合わなかった。土曜日は一日中セットアップに費やし、今朝も作業を続けたおかげで良いセットが見つかった。しかし運を引き寄せることはできなかった。レース1のスタートで数人のライダーがスタートゲートが降りる前に動き、それによって自分はゲートにヒットしてしまった。レース2はまずまずのスタートだったが多重クラッシュに巻き込まれ、そこからマシンを引き出すのに時間を要してしまった。唯一の救いは両ヒートともにレーススピードが悪くなかったことだ。これからテストをしてマシンのセットアップをさらに進め、次戦の準備を進めたい」

次戦/第7戦は5月8日(日)、ドイツで開催されます。

160510_146

■MXGP/Race1結果
1, Tim Gajser
2, Maximilian Nagl
3, Tony Cairoli – KTM
Other KTM
10, Glenn Coldenhoff

■MXGP/Race2結果
1, Romain Febvre
2, Tony Cairoli – KTM
3, Jeremy Van Horebeek
Other KTM
15, Glenn Coldenhoff

■MXGP総合
1, Tim Gajser
2, Tony Cairoli – KTM
3, Romain Febvre
Other KTM
13, Glenn Coldenhoff

■MXGPポイントスタンディングス
1, Febvre 260 points
2, Gajser 259
3, Cairoli(KTM) 213
Other KTM
9, Coldenhoff 121
MXGP クラスの#222 カイローリ
MXGP クラスの#259 コルデンコフ

◆MX2/Race1結果
1, Jeffrey Herlings – KTM
2, Max Anstie
3, Pauls Jonass – KTM

◆MX2/Race2結果
1, Jeffrey Herlings – KTM
2, Max Anstie
3, Jeremy Seewer
Other KTM
14, Pauls Jonass

◆MX2総合
1, Jeffrey Herlings – KTM
2, Max Anstie
3, Jeremy Seewer
Other KTM
7, Pauls Jonass

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Herlings(KTM) 300 points
2, Seewer 230
3, Jonass(KTM) 193

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る