[Kawasaki]ARRC Rd.2 Kamaruzaman、2位入賞(レース2)でランキング首位をキープ

160510_121

■ 2016年 アジアロードレース選手権第2戦タイ大会
■ スーパースポーツ 600cc / アジア・プロダクション 250
■ 開催日:2016年5月8日(日)
■ サーキット名:チャーン・インターナショナル・サーキット(4.554 km)

Kamaruzamanのダブルウィンで開幕したアジアロードレース選手権、第2戦はタイ、チャーン・インターナショナルサーキットで開催された。 雨季に入る時期とのことだが、連日快晴に恵まれ、気温は40℃に達し、路面温度も60℃を超え、ライダー、マシン、タイヤにとっても厳しい環境になった。 昨年はここで第4戦と第6戦が開催されているが、今年からタイヤがスリックタイヤに変更されたことで昨年のデータをそのまま使える状況ではなかったために各ライダーともベースセットアップを探るところからスタートした。

160510_122

5月6日、大会初日は3回のフリー走行が行われ、Manual-Tech KYT KawasakiのYudhistira、Fadly、Bike ART KawasakiのKamaruzamanはそれぞれ前戦Johor大会のデータをベースにコースイン、コースとの適合を進めていった。しかしながら、Johorとは異なる路面状況、コースレイアウト、高い路面温度など複数の要件が絡み合って、コース攻略に時間を要した。

翌7日、大会2日目は予選とレース1が行われた。予選が始まる10時30分の時点で路面温度はすでに60℃を超えており、厳しい暑さがコースを覆っていた。YudhistiraはFadlyを従え早々にコースイン、初日のフリー走行で出ていた問題点が克服できるかを確認した後、ニュータイヤでタイムアタックを開始した。前日のまでのベストラップは1’40.9。このタイムをあっさりクリアしたYudhistiraはさらにタイムを短縮、1’39.987を記録、しかしライバルたちもタイムアップしていたために5番グリッドからのスタートが確定した。Kamaruzamanは初めてのコースであったためにセットアップに時間を要し、1’40.451で10番手、Fadlyは1’41.840で19番グリッドからのスタートとなった。ポールポジションはZaidi(Honda)で、1’39.434、以下Wilairot(Honda)、小山(Honda)、高橋(Honda)がYudhistiraの前にマシンを並べた。

引き続き同日に行われたレース1のスタートは16時過ぎ、やや雲が出てきたこともあり、路面温度は若干下がったものの、58℃と決して低い値を示したわけではなかった。

160510_127

18周で行われるレースがスタート、ほぼグリッド順の順位で各ライダーが1コーナーを駆け抜けていく。1周目、トップで帰ってきたのは小山。Yudhistiraは5番手、Kamaruzamanは8番手。5周目、3番手まで順位を上げたYudhistiraだったが、その最終コーナーで前を走るKraisart(Yamaha)が転倒、それを避けるために5番手まで順位を落としてしまう。レースは小山がリード、それをZaidi、地元出身のNarkcharoensri(Yamaha)、高橋、Yudhistiraが追う展開。この先頭集団は徐々に後続を引き離し、中盤までにセカンドグループを約3秒ほど引き離す。前戦でダブルウィンを飾ったKamaruzamanはセカンドグループにいたが、初めてのコースでセッティングをまとめきれなかったためペースが上がらない。

一方、Yudhistiraは14周目には3番手まで順位を上げ、さらに上位進出を狙うが、Zaidiが彼に猛アタック、再三に渡って順位を入れ替えるバトルになる。4番手で迎えた最終ラップ、2番手を走るNarkacharoensriが最終コーナーで転倒、Yudhistiraに表彰台獲得のチャンスが生まれたが、Yudhistiraのわずかなミスを見逃さなかった高橋にかわされ、4位でチェッカーを受けた。小山がARRC初優勝、ペースを上げられなかったKamaruzamanは8位に終わり、レース2での巻き返しを図る。新鋭Fadlyは17位でフィニッシュした。

160510_123

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る