[YAMAHA]SBK Rd.5 ローズがレース2で6位入賞 ギュントーリはスーパーポールで転倒し欠場

160510_110

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第5戦イタリア大会
■開催地:イタリア/イモラ(1周 4.936km)
■周回数:レース1:18周(88,848km)/レース2:19周(93,784km)

レース1
■開催日:2016年4月30日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度 ■路面温度:33度
■PP:C・デイビス(ドゥカティ/1分45秒598)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分46秒700)

レース2
■開催日:2016年5月1日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:16度 ■路面温度:23度
■PP:C・デイビス(ドゥカティ/1分45秒598)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分47秒240)

【レース1】

イモラ・サーキットで行われた第5戦。Pata Yamaha Official WorldSBK TeamのA・ローズは11位を獲得。チームメイトのS・ギュントーリはスーパーポールで転倒し、決勝欠場を余儀なくされた。

予選セッションで苦しみ、13位に留まったローズ。グリッド5列目と厳しい展開を強いられたが、好スタートから素早くポジションを挽回して11番手。さらに6ラップ目までに10番手とする。その後の12ラップは6台の集団が7位を争う展開。ローズは何度もポジションを入れ替えながら健闘したが、チェッカー直前で1台に抜かれてトップ10入りを逃すこととなった。シリーズポイントでは5ポイントを加算して合計49ポイント。ランキング11位をキープし、明日の第2レースに臨む。

一方のギュントーリは、フリープラクティス最終セッションで7位と好調。しかし午後から行われたスーパーポールの第12コーナーで激しいハイサイドを起こして転倒した。すぐにサーキット内のメディカル・センターに運ばれ、意識と会話を確認したあと、さらに精密な検査を受けるためにイモラ病院へ搬送。検査の結果、幸いにも深刻なダメージはなかった。依然として経過観察が必要ではあるが、メンタル面では良好な状態を保っており、明日の決勝出場を希望している。

160510_111

【レース2】

ローズは絶好のスタートを切り、グリッド13番手から7台を抜いて6番手へ浮上。集団の中で強さを見せ、コンスタントなペースを守りながらレース中盤まで6番手をキープした。後半になると、さらにリズムが良くなり、11ラップ目には1分47秒848のファステストラップを記録するなど、前方のマシンとの差を少しずつ詰めていった。しかしその後、タイヤを消耗して無理はできなくなったため、ポジションキープに切り替えチェッカーまで走り切った。6位でチェッカーを受けたローズはシリーズポイントを59に伸ばし、ランキング10位へ浮上した。

ローズのチームメイトのS・ギュントーリは昨晩、イモラ病院を出てパドックに戻ってきた。診断の結果、左足首の骨折(手術の必要はなく、ギプスのみ)と肋骨の打撲が見つかったため、レース2を欠場。チームスタッフとともにピットで決勝を見守ることとなった。今晩、家に戻り、数日のうちにもう一度、検査を受けたあと復帰の時期を決定する。

160510_112

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAAH ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る