[YAMAHA]AMA Rd.17 450SX C・リードが最終戦で4位、ランキングは5位

160510_116

■開催日:2016年5月7(土)
■開催地:ネバダ州ラスベガス
■会場:サムボイド・スタジアム
■観客数:36,714人

2016年AMAスーパークロス最終戦がネバダ州ラスベガスで開催された。会場となったサムボイド・スタジアムには雨の中、36,714人ものファンが詰めかけた。

Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーのライダー、チャド・リード、Autotrader/Monster/Yamaha/JGR teamからエントリーのウエストン・パイクとジャスティン・バーシアの3選手はヒート1に参加。リード、バーシア、パイクはそれぞれ5、6、7位となり、3選手ともセミレースにまわることになった。

先ずバーシアがセミ1で2位となり、メインイベント参加を決めると、リードとパイクはセミ2に参加。リードは1位でレースを終えてメインイベントへの進出を果たすが、パイクは3周目にクラッシュしてリタイア。ラストチャンス・クオリファイヤーにまわることになった。ここで4位までに入ればメインイベントへの出場資格を得るが、パイクは早々にクラッシュを喫し、シリーズ最終戦のメインイベント参加を逃した。

160510_118

そして今シーズン最後のメインイベント。雨の中、16周に短縮して争われた。YZ450Fに乗るC・リードはスムーズにスタートし、オープニングラップを6位で終えると、3周目には前を行くライダーの脱落により5位に浮上。さらに5周目にはM・ムスキャン(KTM)を抜いて4位に上がる。上位争いはし烈を極め、リードはその次の周にはE・トマック(カワサキ)、B・バゲット(スズキ)の先行を許して6位に後退する。さらに7周目にK・ロクスン(スズキ)が転倒により脱落したため5位に上がるが、次の周にはT・カナード(ホンダ)に抜かれて再び6位に。レース中盤10周目のリードの順位は5位。その後14周目にB・バゲットを抜いて4位に上がると、そのままポジションをキープしてチェッカーフラッグを受けた。チャド・リードはシリーズランキング5位で2016年AMAスーパークロスを終えた。

J・バーシアはオープニングラップを終えてリードに続く7位で戻ってくると、ポジションをキープ。しかしその後徐々に順位を落とし、レース中盤の9周目にはトップから周回遅れとなってしまう。結局、バーシアは10位でレースを終えた。ジャスティン・バーシアのシリーズランキングは21位、チームメイトのウエストン・パイクは13位で2016年のスーパークロスを終えた。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAAH ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る