[YAMAHA]AMA Rd.16 SX450 リードが9位、パイク11位

160510_104

■開催日:2016年4月30日(土)
■開催地:ニュージャージー州イーストラザフォード
■会場:メットライフ・スタジアム
■観客数:59,311人

全17戦で争われる2016年AMAスーパークロス。その第16戦がニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムに59,311人もの大観衆を集めて開催された。Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーするチャド・リードは、メインイベントに向け、先ずヒート2に参加。ここで3位となりメインイベントへの出場権を獲得した。

Autotrader/Monster/Yamaha/JGR teamのウエストン・パイクもヒート2に参加して4位に入り、やはり直接メインイベントへ進出。一方、パイクのチームメイト、ジャスティン・バーシアはヒート1に参加し、8位に終わったためセミ1にまわる。そして5周で争われるこのレースで4位に入り、メインイベントへの参加を決めた。

午後6時30分開始のイブニングプログラム最後のレース、20周で争われるメインイベント。YZ450Fのリードはまずまずのスタートを見せ、オープニングラップを終えて4番手で戻って来ると、J・ブレイトン(KTM)と3位争いを展開する。しかしその後、中盤までに2つ順位を落として6番手へ。そしてレース終盤に相次いで後続ライダーの先行を許したリードは、9位でチェッカーフラッグを受けた。

160510_105

パイクは1周目を終えた時点の9番手から徐々に順位を上げ、3周目にB・ティックル(スズキ)、次の周にはJ・ボーグル(ホンダ)をかわして7番手へ。ところがレース中盤の混戦の中で順位を落とし11位でフィニッシュ。バーシアはオープニングラップを終えて16番手。次の周にひとつ順位を上げると、そのままポジションをキープ。15位でレースを終えた。

160510_106

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAAH ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る