[HONDA]MXGP Rd.7 ガイザーが総合2位で、開幕戦以来のランキング首位に バブリシェフは総合3位で表彰台を獲得

160510_101

Team HRCのイブジェニー・バブリシェフが、ドイツ大会ですばらしいパフォーマンスを披露し、3位入賞。今シーズン2度目の表彰台登壇を果たしました。また、隣にはHRCの同僚としてTeam Honda Gariboldi Racingから出場しているティム・ガイザーが立ち、今季2度目のダブル表彰台となりました。

バブリシェフは、まだ100%完治とはいえない肩をかばいながら走行となり、レース1では8位にとどまりましたが、レース2では渾身の全開走行で路面を深く掘り下げながら、リーダーのアントニオ・カイローリ(KTM)を追撃。終盤になると息を吹き返し走りでロマン・フェーヴル(ヤマハ)が近づき、最後の4周は猛烈な接近戦となりましたが、1秒を切る僅差でバブリシェフが逃げきりました。

160510_102

一方、マキシミリアン・ナグル(ハスクバーナ)とジェレミー・バン・ホービーク(ヤマハ)が転倒で脱落し、ガイザーもクラッシュによって3番手から9番手まで一時後退、これによって総合順位が分刻みで変動することになりました。

バブリシェフは強烈なプレッシャーを受けながらも、持てる力をすべて注ぎ込み最後まで2番手をキープし、そのままフィニッシュ。これは今季ベストで、昨年のマントヴァ(ロンバルディアGP)以来となるベストリザルトでもありました。フェーヴルを0.6秒差で振り切ったバブリシェフは総合で3位となり、#777のCRF450RWを表彰台に押し上げました。

ガイザーはレース1で2位入賞、レース2では転倒後4位までばん回したことで、総合2位を獲得。それよりも重要なのことは、7戦を終えた時点でガイザーが、世界選手権のポイントリーダーを示すレッドナンバープレートを取り戻したことです。

ティム・ガイザーの目覚ましい快進撃は、今大会でも衰えることはありませんでした。ドイツ大会は熱狂とドラマに満ちたレースとなりましたが、ガイザーは目前に立ちふさがる困難に立ち向かい挑戦し続けました。

160510_103

レース1ではカイローリを相手に死力を尽くす戦いを繰り広げ、入れ替わり立ち替わりファステストラップを更新しました。カイローリがラストスパートをかけると、ガイザーは冷静にスロットルを少し戻して2位に落ち着きました。深いわだちが掘れた今日の難しいコンディションを鑑み、分別ある判断をすることも勇気ある行動となります。

レース2に力強く出走したガイザーは、Team HRCの同僚であるバブリシェフを追いかけました。レースが1/3を経過した時点でアンラッキーな転倒を喫し9番手まで下がってしまいましたが、ラトビアでみせたような猛追撃を披露。深いわだちや突風に襲われて多数が転倒する中、ガイザーは4番手までばん回しました。その結果、総合2位となり、バブリシェフと同じくCRF450RWを表彰台に導きました。

現時点でガイザーは8ポイントをリードして世界選手権のランキング首位に立っています。同時にHondaはメーカーランキングのポイントリーダーになりました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る