[HONDA]Honda Rider Collection Vol.3 Moto3 カイルール・イダム・パウィ

160509_154-tile

Hondaのワークスマシンを駆り、世界を舞台に戦うライダーたちを紹介。今回はMoto3に参戦するカイルール・イダム・パウィ選手を特集しました!

Moto3 カイルール・イダム・パウィ Honda Team Asia

生年月日:1998/09/20
出身地:マレーシア
身長・体重:167cm・54kg
チーム(マシン):Honda Team Asia(NSF250RW)
2015年の成績:CEV Moto3 総合6位

第2戦アルゼンチンGPで劇的な勝利を遂げたマレーシア人ルーキーのカイルール・イダム・パウィ。東南アジア出身の選手として史上初のグランプリ優勝、そしてMoto3にフル参戦を開始してからわずか2戦目にして達成した17歳の若者の快挙に国中が沸き立ちました。レース翌日の月曜にはナジブ首相も祝賀コメントを発表しました。この時ならぬ祝賀ムードに一番驚いているのは、もしかしたらレースで優勝を遂げたパウィ自身かもしれません。

そんなパウィがレース活動を始めたのは、今から4年前の2012年。アンダーボーンの国内選手権で第一歩を踏み出しました。

「僕がMalaysia Cub Prix WIRA ChampionshipにHondaのマシンで参戦を開始したのは、12年からです。その年はランキング11位で、翌年には7位になり、14年にチャンピオンを獲得できました。さらに、この年はアジアドリームカップでもチャンピオンを獲得。チームメートの弘樹(尾野)と知り合ったのも、このアジアドリームカップでした。アダム(ノロディン、Drive M7 SIC Racing Team)も、マレーシア時代から今に至るまで、ずっと仲のいいライバルです。そして、15年にはHonda Team AsiaでCEVレプソル選手権を走るようになりました。つまり、レースを始めてから今まで、僕はずっとHondaのマシンに乗っています!」

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る