[HONDA]Honda Rider Collection Vol.2 MotoGP ティト・ラバト

160509_150-tile

Hondaのワークスマシンを駆り、世界を舞台に戦うライダーたちを紹介。今回はMotoGPに参戦するティト・ラバト選手を特集しました!

MotoGP ティト・ラバト Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

生年月日:1989/05/25
出身地:スペイン
身長・体重:178cm・63kg
チーム(マシン):Estrella Galicia 0,0 Marc VDS(RC213V)
2015年の成績:Moto2 総合3位

2016年シーズン、MotoGPクラスにルーキーとして戦う選手はティト・ラバトのみです。ラバトは14年にMoto2クラスでチャンピオンを獲得したあと、15年も同クラスに残留。負傷などの影響もあってタイトル防衛こそは叶いませんでしたが、18戦中3度の優勝を含む10度の表彰台登壇を果たし、年間ランキングを3位としました。

「外から見ているよりも、実は結構大変でした」

ラバトは昨シーズンの戦いをそのように振り返ります。

「序盤はマシンにうまく乗れなくてフィーリングもよくありませんでした。序盤3戦を終え、スペインに戻ってきてから行ったテストで方向性がみつかり、そこから先はうまく運ぶようになりました。ほぼ毎戦でフロントローを取れたし、表彰台にも上がれました。でも、ドイツGPでケガをしてしまいました。昨年は必ずしもが完ぺきにまとまっていたわけではなかったけど、常に100%の力で走るようにいつもがんばっていました」

2005年の最終戦バレンシアGPで125ccクラスにデビューし、11年からMoto2クラスを戦ってきたラバトは、中小排気量時代を通じてたくさんの経験を積んできました。なかでも大切なことは、マシンにスムーズに乗るためにしっかりとセットアップを見い出すことだと述べています。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る