[HONDA]AMA Rd.16 シーリーが3位で表彰台に カナードが8位、ボーグルが10位でフィニッシュ

160509_144

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第16戦は、4月30日(土)にニュージャージー州のイーストラザフォードにあるメットライフ・スタジアムで開催されました。Team Honda HRCのコール・シーリーは、CRF450Rを駆って力強い走りをみせ、今シーズン4度目の表彰台登壇を果たしました。

ヒートレースの組分けを決めるタイムアタック予選。Team Honda HRCのトレイ・カナードは、2回目のセッションで全体3番手となる46秒086の好タイムをマークしました。チームメートのコール・シーリーは47秒416で14番手、GEICO Hondaのジャスティン・ボーグルは47秒057で10番手でした。

予選ヒートレース。1組目に出場したシーリーは、オープニングラップを5番手でクリアすると、2周目に1つ順位を上げて4番手に浮上しました。シーリーはこのポジションを確実にキープして、4番手でフィニッシュ。同組に出場したボーグルは、好スタートを決めて1周目をトップで終えると、2周目に1つ順位を落としたものの、2番手でチェッカーを受けました。一方、2組目に出走したカナードは、こちらもよいスタートを切り、オープニングラップを3番手でクリア。先行するチャド・リード(ヤマハ)を、5周目にパスしたカナードは、2番手でチェッカーを受け、カナード、シーリー、ボーグルともにファイナルへの直接進出を果たしました。

160509_147

ファイナル決勝レース。シーリーはスタートゲートが倒れると同時に、素早いダッシュを見せて2番手のポジションを確保。トップを追いかけ、このポジションをキープし続けたシーリーは、終盤に順位を1つ下げたものの、3番手をキープしてフィニッシュ。サンディエゴでの第6戦以来となる、表彰台への登壇を果たしました。一方、10番手からのスタートとなったカナードは、前半に順位を1つ上げると、中盤には7番手までばん回するも、順位を1つ下げて8位でチェッカーを受けました。ボーグルは8番手でオープニングラップをクリアしましたが、順位を2つ下げて、10位でフィニッシュしました。この結果シーリーはポイントランキング7位をキープ。カナードは9位、ボーグルは11位となっています。

160509_146

なお、イースト地区最終戦となった250SXでは、オープニングラップ3番手から3周目にトップに立ったGEICO Hondaのマルコム・スチュワートが、そのまま後続を振り切って今季2勝目をマークし、シリーズランキング2位との差を14ポイントに広げました。
次の最終戦ラスベガスにてイースト地区チャンピオン獲得に期待がかかります。
Team Honda HRCは、最良の結果でシーズンを終えることを目標に、5月7日にラスベガスのサム・ボイド・スタジアムで行われるAMAスーパークロス選手権の最終戦に臨みます。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る